オルタナティブ・ブログ > プログラマー社長のブログ >

プログラミングでメシが食えるか!?

ギター弾き語り:iPhone動画とデジタルレコーダー音声を合体してみた

»

どうでもいい休日ネタです。。

YouTubeに弾き語りなどをして動画をいくつかUPしていますが、動画とはいえ、実は静止画をたくさん貼り付けているだけで、本当の動画は使っていませんでした。理由は簡単で、音質が気に入らないからです。

私の場合、動画を撮影する際には、デジカメやiPhoneなどを使いますが、それらの内蔵マイクの音質はかなり残念なもので、iPhoneは内蔵マイクだとモノラルですし、外付けマイクを使ってもそれほど大した音にはなりません。。

そこで、今回はiMovieを使って、iPhone動画とデジタルレコーダーで録音したサウンドを合体してみました。

デジタルレコーダーはTASCAM GT-R1で、マイクは内蔵マイク。そのすぐ横にiPhoneも置いて、動画を同時に撮影しました。


YouTube: Sign弾き語り:動画と音声を別に撮って重ねてみた

まあ、大体映像と音声が合っていますが・・・微妙に映像の方が速いですね。iMovieの使い方をまじめに調べていないので、タイムラインの微調整の仕方がわからず、たまたま合成したら大体あっていた、という感じでして。。

2台使って録音するので、失敗すると最初からやり直すのも非常に面倒で、一発勝負の緊張感はかなりのものです。終わりの方まで演奏して失敗するとかなりショックです。

なお、音声はGT-R1の内蔵マイクで録音したものを、GarageBandで空間系エフェクトをかけた状態です。iPhoneで最初からこういう音質で録音できれば楽なのですけどね。

こうやってギターを演奏している様子を自分で見るのはとても新鮮で、良く楽譜を見ながらこんなに指を動かしつつ歌えるものだと感心・・・!?

雨でサイクリングに行けないので、こんなことをやってみました、ということで。。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する