オルタナティブ・ブログ > KNN神田のITニュースのツボ! >

IT業界で日々起こるニュースから、少し先の未来を読みとっていくためのコラムです。

Vista、フランケンビルドでも1時間はOK!

»

Vista、フランケンビルドでも1時間はOK!

マイクロソフトの最新OS「Windows Vista」の海賊版に対する対策が12月12日に発表された。
海賊版は、OSの認証不要のリリースベータ版と認証必要なリリース版を、つぎはぎにして作成され、安価で南米で販売され始めている。各パーツをつぎはぎにしていることから、フランケンシュタイン博士の怪物になぞえて、「フランケンビルド」と呼ばれている。
つぎはぎにしていることにより、オンラインによる製造番号の重複チェックを回避している。

マイクロソフトは12日、それらのフランケンビルドに対する対策として、
------------------------------------------------------------
これら非公認版は検出されると正規のプロダクトキーでアクティベートするために30日の猶予期間を与えられ、その後制限機能モードに切り替わる。このモードになると、新しいユーザーインタフェースのAeroやReadyBoostなどが使えなくなり、同OSを利用できるのはデフォルトのWebブラウザで1 時間のみに制限される(訳注:Windows Genuine Advantageサイトのブログでは「海賊版と判断されると、AeroやReadyBoostなどの特定機能の使えない「制限機能モードに切り替わり、 30日の猶予期間中に正規のプロダクトキーでアクティベートし直すことを求められる。アクティベートされない場合、デフォルトのWebブラウザを1度に1 時間利用することしかできない制限機能モードに入る」となっている)。
------------------------------------------------------------
すでにこの機能をふくんだアップデート版をマイクロソフトは、企業向けにリリースしている。

マイクロソフトのようなソフト企業にとっては、違法コピーは多大な影響を受けやすい。当然、海賊版に対しては措置をとらざるをえない。今回、そんな海賊版とわかった場合でも「1日1時間だけは延命処置」を施すという施策は、マイクロソフトにとっては、大英断ともいえるほどの譲歩であった。
しかし、1日1時間以内という制限が中途半端な気がしてならない。
立ち上がらなくては困るけれども1時間しか使えないと、なんとか正式バージョンを購入しようと改心するだろうという思いからだろう。

マイクロソフトは、他社をよせつけない圧倒的で独占的な「排他的戦略」行為によって、現在の地位を築いたことは確かだ。しかし、これからはその戦略どおりにはいかない時代へと向かっているようだ。

マイクロソフトのVistaという最新OSは、現在必須OSではなく、単なる選択肢のひとつであるからだ。このOSが普及するにはWindows XPと同じく、出荷されるPCの完全インストールが一般に流通するのに最低3年かかり、Vistaでないと楽しめない、利用できない絶対的なサービスが登場しない限り、現在のXPで不自由を感じない人が多いからだ。

むしろこんな場合は、海賊版もOSの普及要因のひとつとして考えるべきであり、海賊版からのアップグレードも認めるくらいの大胆な販売戦略を考えるべきだろう。少なくとも、来年度初頭にPCを買い替えない人にとっては、必要でないOSに対して、聖徳太子札2枚でおつりがくるOSを入れたいとは思わないからだ。

ましてや、複数のPCを持っている人にとっては、正規版のOSを購入すると、アフリエイトとして半額キャッシュバックされるようなインセンティブも与える必要がありそうだ。そうすると、知人から知人へ50%オフで購入するということで、新たなWeb2.0時代の流通網が整備できるのである。

今まで同様の販売戦略であれば、MacOSやLinuxに対して多大なチャンスを与えている。むしろ問題なのは、Linuxがコストパフォーマンスが一番、高いにもかかわらず、一般の人がどのように活用すればいいのかを何も示唆していない点だ。いや、示唆していないと同様の現在の状況だ。

Mac OSも「ウィルスにかかりにくい(市場占有率が低いため)」などという、まちがった製品特性をイメージ戦略として打ち出している。当然、ウィルスが乱造された時には意味をなくしてしまう。むしろ、オープンソースがベースにあることによって、クローズドな開発環境で作られたOSよりも、トラブルやウィルスに対して検証し開発する人員が多いことをもっとアピールすべきだろう。

少なくとも、フランケンビルドで1時間は延命させようという旧態依然とした愚策を提供しているマイクロソフトに勝てないIT業界そのものの成長をそろそろ疑ってもいい時代なのかもしれない。

Comment(7)

コメント

ちょっと見つけました

文章がおかしいと聞いたので見てみました
あまり国語は得意ではないのですが
>聖徳太子札2枚でおつりがくる
諭吉であることと、おつりがくる、と言う表現はこの前後の文脈からしてふさわしくないと思います。
あと普通に疑問なんですがmacOSってオープンソースになったの?linuxだけと思ってました。

つぼ

まぁまぁ(笑)

とおりすがり

「お釣りがくる」って表現は「その対価としては安い」ということを表現する時に使う言葉です。

記事のように「>必要でないOSに対して」お金を払ってまで手に入れたくないという場合には、「その対価としては高い」ということですので、「お釣りがくる」という表現は相応しくないですね。

うわぁ

馬鹿すぎて最早崇高ささえ感じますね・・
windowsの海賊版対策は昨日今日考えられたものではないし
増してやジャーナリストを気取る人間が書く内容ではないです
macOSやLinuxに対する理解も 素人以下
一々あげつらうのも阿呆らしい程突っ込みどころ満載ですね
表現の問題は先にコメントした人が述べている通りで
「聖徳太子」に至ってはネタとしか思えない・・
正味の話、このブログはギャグではないのでしょうか?

ゴーストライター

本当にこの人国語力ないですね。

本を出しているようですがこの程度の国語力で本なんか執筆できるはずがありません。

ゴーストライターが書いたものと確信します。

いやあ

ゴーストライターだとしたら
少なくとも物書きではないね
出来の悪い学生をアルバイトに使っているような文章だけど
3分10円とか聖徳太子とか
20年以上前の常識を平気で書くあたり
何者なのかちょっと知れない感じがあるなあ
今の大学生とか聖徳太子の時代知らない歳だもんなあ
むしろ本人が書いてるという線が濃厚だと思うよ

別にクソ神田ごときが心配しなくても
標準OSがwin98からxpになるのにだって相応の時間を要したし
Vistaを普及させるのに海賊版を利用してまで強引に進める
経営オプションはナンセンスを通り越して正気の沙汰ではないね
1日1時間は、実用に使えない範囲で使わせて
機能の宣伝と、正規版アップグレードのチャンスを兼ね備えるための施策だし、「延命措置」という言葉の使い方も良く分からないね

ついでにLinuxがどういうものか分かっていない
どこかの会社が開発した商用OSだと勘違いしているように取れる
先に指摘されたようにオープンソースの意味も分かってないようだし
MacOSに関しても聞きかじり程度の知識しか持ち合わせていない
相変わらずの馬鹿さ加減で、娯楽用の域を出ていないエントリーだね

ごめん

ゴーストライターの件は
出版している本の話ですね
とんだ勘違いでした
これではクソ神田を笑えないですね
笑うけどさw

コメントを投稿する