オルタナティブ・ブログ > 企業経営の閃き >

経営コンサルタントとして、企業支援を行いながら、発見した事象や、企業経営に役立ちそうな発見を書き記していきます。

旭山動物園とは・・・

»

先日、旭山動物園に行ってきました(旅行ではなく仕事です)

噂に聞いた旭山動物園への入園。

数多くの入園者を感動する秘訣は?まずは、アザラシの展示

サスガです。見事にトンネルの中にアザラシが入っていきます。

見入っていた子供からは大歓声が。

旭山あざらし.JPG

 

続いて、アザラシの生態についての説明展示。

職員さんのお手製の説明ボードでしょうか。ぬくもりが伝わってきます。

どうやら、旭山動物園の経営KFSは、従業員参加型経営にありそうです。

園内ですれ違う時の職員さんの笑顔と積極的な挨拶・説明。

又、手書きのPOP・説明文の掲示。

旭山POP2.JPG

展示場横・前での動物静態の説明。等

コンサルタントの視点として興味を抱いたのは、従業員参加型経営によるコスト削減効果

ですね。

例えば、

・POPを印刷に頼らずに手書き

・職員さんも若干年齢層が高いようです

コスト削減を進めながら、顧客満足度を高めていく経営姿勢が本当に素晴らしいと感じました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する