オルタナティブ・ブログ > 白船社長のアートコンセルジュブログ >

ビジネスをアートする?!社会をアートする!?コミュニケーションアートから見た時代の新潮流

美を生み出す者と見出し愛でる者

»

Dsc_0218

 

今週、仕事の合間にボストン美術館展に行くことができました。ぎりぎりの滑り込み。すごい人の数、30分待ちでも後には引けません。笑。でもとにかく行ってよかった!

入っていきなりその美しさに驚愕したのは「江流百里図」。美しい曲線、不思議な空間の創り方、シンプルさにドキドキしました。旧前田家藩跡の加賀屋一番館に飾られていたものだそう。

時代の変化は、表現者にとってパトロン相手の変化でもあります。つまり人類全体にとって美しき資産を生み出す者と、それを見出し愛でる者の両方が、どの時代にもいることでその宝物が存在し得るんですよね。

久々に岡倉天心の熱い想いが詰まった「茶の本-The book of tea」を読み返してみようかな。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する