オルタナティブ・ブログ > 白船社長のアートコンセルジュブログ >

ビジネスをアートする?!社会をアートする!?コミュニケーションアートから見た時代の新潮流

「遺伝子のスイッチが入る」

»

 

先日ある社長から見せたい講演ビデオがあるとお誘いいただいて、会社の会議室でサッカーの岡田監督の講演を拝聴しました。印象深い話ばかりだったのだけど、特に「遺伝子にスイッチが入る」という話にはグッときました。

人間死ぬほどの苦労をした方がいいとは思わないけど、どうしてもやりたいコトがある人やベンチャーを経営している人は、もうダメかな~と、かなりきつい瞬間を経験しているんじゃないかと思います。2012_2
 
他ならぬ私も経験者。笑。失うものはない、死んだ気になればなんでもできるって思えるのは、そんな...ギリギリを乗り越えた経験が心を強くしてくれているからだと感じます。
 
そんな今、一緒に走って来た仲間が入院中。彼のブログを読んで、腫瘍が見つかってから、まさに「遺伝子にスイッチが入る」経験をしたんだなって、改めて感動してしまった。
 
入院前にTEDでのスピーチをやりきった彼が、退院後ますます輝くのだと思うと、とても楽しみ。そして「EGAKU」を世界に届けてくれることと思います。
 
ちなみにTEDの日本のファイナリストとして残っているのは22人。近いうちにサイトにアップされ、世界で人気が高いものが、来年アメリカのTEDでデビューできるとのこと。応援よろしくお願いします!
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する