オルタナティブ・ブログ > 白船社長のアートコンセルジュブログ >

ビジネスをアートする?!社会をアートする!?コミュニケーションアートから見た時代の新潮流

中村正義展@練馬区立美術館

»

Dsc_0102

 

中村正義展@練馬区立美術館に行ってきました。「私は私を破壊することに成功した。・・・意識的に計画的に試みて私なりの成果を収めたことに狂喜している。」という彼の言葉は、あえて嫌いな色を使って描いたという原色の作品群を生み出したことによる自身の変化のこと。

日本画の異端者として画壇から排除されながらも、表現し続けたパワー、そして探していたものはいったいなんだったのだろうか。プリミティブでポップな作品とは別に、時折見せる葛藤の自画像、死を意識した時に描いた仏画・・・全体を見ているうちに「描くとはいったいなんなのだ!教えてくれ!」そう訴えかけられた気がしました。

そこまで人間を突き動かす「描く」とはいったいなんなの か?改めてアーティストのマネジメントも、EGAKU Workshopの参加者の変化もしっかり見守ろうと思った展覧会でした。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する