オルタナティブ・ブログ > 白船社長のアートコンセルジュブログ >

ビジネスをアートする?!社会をアートする!?コミュニケーションアートから見た時代の新潮流

CSRという言葉が特別ではなくなる日まであと少し!?

»

P1300445 今月IOCAでコラボレーションさせていただく、NPO法人そらべあ基金さんとソニー損保さんのCSR部の取り組みが、日経流通新聞の一面にありました。

会社としては単純な寄付ではなく、契約者が走らなかった分だけ寄付金に換算することで、環境保全への貢献ができる仕組みになっているとのこと。そらべあ基金さんはその寄付で、全国の幼稚園や保育園に太陽光発電パネルを寄贈、結果として環境教育の充実と温暖化排出量の抑制の効果を見込んでいるのだそうです。
他にも、トヨタの自然保護やブックオフの途上国に図書館などの記事が出ていました。
社会貢献について、さまざまなステイクホルダーが、想いを持って関わると、お互いが豊かになる循環を創り出せるのですね。

今回、私たちがご一緒させていただくのは、東北応援プロジェクトとして小学生向け環境教育の中でのEGAKU Workshopの実施。エネルギーを頭で理解し、心で感じる、そして思い出として作品が残る!そんな楽しいプログラムになるようにお手伝いができればと思ってます!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する