オルタナティブ・ブログ > 白船社長のアートコンセルジュブログ >

ビジネスをアートする?!社会をアートする!?コミュニケーションアートから見た時代の新潮流

コミットメントが創造のはじまり

»

花のれん (新潮文庫)のブックレビュー

最近、くにさんが山崎豊子作品にはまっていることもあって、きっかけをもらって読んだ一冊。

主人公である多加のモデルは吉本興業の創始者・吉本せいと言われています。

信念というより情念(?)で突き動かされるような推進力は、ここまでくると清々しいとしか言いようがありません。

多加がストレングスファインダーをやったら、間違いなく「着想」「戦略性」「最上思考」があるに違いない。(笑)

そして強烈な商人根性の中にも、才能や命を尊ぶ心が流れています。

「コミットメントなくして創造は生まれない、逆に我欲を超えた思いがあれば、能力は磨かれ、必然の出逢いを創り出し、そして必ず形にすることができる」という私の信条にも通じるものもありました。

庶民の少ない楽しみが落語から漫才に移り、関東大震災、戦争へと突入していくという時代背景が彼女をそうさせている部分もあるとは思いますが、現代のスマートなビジネスの中で忘れがちな「命の燃やし方」について、考えさせられるし、勇気がもらえます。

Comment(2)

コメント

どうも!ゴローです。

ご無沙汰しています!
お元気ですかー?!

ストレングスファインダーネタだったので
思わずコメント!

僕のストレングスファインダーの3つと
『着想』『戦略性』『最上思考』でした!(笑)


また遊びにいきまーす!

ごろうちゃん
お久しぶり!
そうなんですね~
ちなみに私もくにさんも「戦略性」「最上思考」「着想」があるんですよ~
びっくり!
他の2つも気になるな~

コメントを投稿する