オルタナティブ・ブログ > 白船社長のアートコンセルジュブログ >

ビジネスをアートする?!社会をアートする!?コミュニケーションアートから見た時代の新潮流

雨の日本橋歴史ツアー

»

P1170365幼い頃は、目の前のことが楽しくて仕方がないタイプで、気持ちは常に100%今。

ってことで歴史にはまったく興味が沸かなかったですが、思春期の頃、人の「思い」や「思惑」が歴史を作り、今に繋がっているんだな~と気がついてから、すっかり歴史が自分ごとになりました。

連休の最終日、仲間がお世話になっている建築家の方に日本橋にご案内いただいて、今までに経験したことのない切り口での日本橋歴史散策をしました。

私たちの経済活動と間違いなく繋がっているんだと感じ、とても刺激的を受けました。

日本ではこれから何を紡ぎ出していくのでしょうか。きっとこれからも「思い」と「思惑」が歴史を創っていくのですね。

連休の朝、NHKでドラマ「カゲタカ」を観て、ジャック・アタリ氏のトークを妙に共感したりした後だったので、日銀の前にある寂れた橋を見たときは考えさせられるものがありました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する