オルタナティブ・ブログ > 白船社長のアートコンセルジュブログ >

ビジネスをアートする?!社会をアートする!?コミュニケーションアートから見た時代の新潮流

Great Place to Work 1位の会社にはもれなく!

»

008 くにさんのブログにはタイムリーにアップされているのでご覧になった人も多いかもしれませんが、

「働きがいのある会社~Great Place to Work~」の1位のリクルートエイジェントさんのためにビジョンアートを制作するというお仕事をさせていただきました。

それについてはGreat Place to Workを日本でスタートしたメンバーのみなさんの熱い想いからスタートしています。

働く人をフューチャーしたこの賞が日本に導入されることで日本の企業に元気になってほしい。そんな想いがあることをひしひし感じて、私たちも思い入れを持ってお手伝いすることになりました。

019_2 ビジョンアートというのは企業のビジョンを可視化するアートワークなので、もちろん事前に今回の一位になられたリクルートエイジェントの幹部のみなさん、人事関係の方々と抽出ワークを行い、制作のソースにしていきました。

すでにその抽出ワークからも日常では起こらない深いコミュニケーションが起こったと喜んでいただき、ビジョンアートの完成をみなさんとても楽しみにしてくださっての授賞式。

くにさん自身もすっかりリクルートエイジェントの人間になったような気分になってしまったようで、恥ずかしながらも誇らしげ。

人や企業の絵を描く時は、精神的にかなり思い入れを持って描くので、すっかり身内のような気持ちになってしまうのだそうです。

ただコミュニケーションアートによる企業の活性化「EMOCA~Empowered Management of Communication Art」は実はここからがスタート!

ビジョンアートはさまざまなプログラム展開で企業を元気にしていきます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する