オルタナティブ・ブログ > 事業のヒント >

事業アドバイザーとして活動する以前は、会社の経営者として様々な事業を立ち上げていました。その時代の失敗談、成功談から最近の事業アドバイス事例、改善事例など、事業繁栄のヒントになる実体験を書きます。

私のオススメの名刺管理術

»
誠ブログの今週のお題が「オススメの「名刺管理術」を教えて!」になっていましたので、私の名刺管理術を公開したいと思います。

独立して20年くらいになりますので、その間には多くの方と名刺交換をして来ました。

おそらく、名刺の数は普通の経営者よりも多いと思います。

ちなみに自分の名刺の数は圧倒的に多く、今までに何十回作ったかわかりません。(笑)

このブログをお読みの方や私を知っている方は、私が「名刺管理なんてどうでもいいですよ~」と言うと思っているでしょうが、そんなことはありません。

名刺はきっちり管理していますので、今日は特別にその方法を公開しましょう!

その方法は、名刺が入る大きさの箱に名刺を入れていきます。

以上です。(笑)

こうして、箱にきっちり入れて管理しているのです。

管理というよりも、単なる保管かも知れませんが・・・。

でも、適当に保管しているように見えるかも知れませんが、実は強力なメリットがあります!

それは、もらった順番に名刺を入れておくと、名刺交換をした順番がわかるということです。

日付とかはわかりませんが・・・。

この管理方法の注意点としては、箱を落とさないようにすることです。

箱を激しく落として中身が全部飛び出すと、もうどうでも良くなって、順番や裏表や上下がぐちゃぐちゃになってしまうからです。(笑)

めちゃくちゃな管理というか保管方法に見えるかも知れませんが、以前によく名刺交換をしていた頃は、名刺専用のファイルに入れて管理していました。

でも少し時間が経てば、名刺交換をしただけの人は、顔も名前もわからなくなります。

そうなると、その名刺がいつまでも陣取っているのは邪魔になります。

そうした名刺を外していくと、その後もつながりのある人の名刺ファイルになるのですが、すでにつながりがあるのですから、あらためて名刺を見渡す意味がありません。

そんなことで、自然に今の管理方法になりました。

今はパソコンで簡単に名刺管理ができますので、また違うのかも知れませんが、名刺交換をしただけの名刺を管理しても意味がありません。

過去の名刺が何かに活用できる可能性はありますが、名刺を引っ張り出して見るよりも、ネットで検索するなり、探すなりした方が早いと思います。

ちなみに、名刺交換すれば人脈が増えると思っている人がいますが、名刺交換と人脈は関係ありません。

名刺交換をしただけの関係は、人脈ではなく「ただ名刺交換をした人」です。

ということで、私のオススメの名刺管理術でした。

普通の人には、あまりオススメできないかも知れませんが。(笑)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する