オルタナティブ・ブログ > 事業のヒント >

事業アドバイザーとして活動する以前は、会社の経営者として様々な事業を立ち上げていました。その時代の失敗談、成功談から最近の事業アドバイス事例、改善事例など、事業繁栄のヒントになる実体験を書きます。

五日市剛氏講演会「なぜ、感謝するとうまくいくのか」レポート4

»
五日市剛氏の講演会を主催することになった「わらびわこ」のお二人は、企業や団体などに出向き、広報活動を開始されました。

持ち物はパンフレットとちょっとした資料ですので、「私たち普通の主婦なんです」というところから説明するのは大変だったと思います。

私もそうでしたが、理解するのも大変だと思いますが。(笑)

でも、そんなことを気にすることなく、あちこちに出向く行動をし始めると、実にいろんなことが起こったということでした。

あまりにいろんなことが起こるため、「ちょっと落ち着こう!」と、クールダウンする時間が必要だったということです。

いろんなこととはトラブルや変なことではなく、いいことがどんどん起こったということです。

お二人とも前向きですので、行動すればするほど結果がついてくるということですね。

どんなことでも行動すれば、行動しただけの結果を得ることができます。

もし、行動しても何の結果も得られなかったとしましょう。

その場合は、「この行動をしても、何の結果も得られなかった」という結果を得ることができます。

「これをやっても、どうせ何も得られないだろうな~」と決めつけて何も行動を起こさないよりも、何万倍も価値があることなのです。

行動するにつれてスタッフも増えていき、若いスタッフから「Facebookを活用しましょう!」という声が出たそうですが、お二人ともパソコンが苦手だったため、「私たちはやらない」と決めたということです。

この決断は、すばらしいと思いました。

普通なら効率良く集客しようとして、ネットをうまく使うことを考えると思います。

ネットが苦手でも、「こうすれば楽ですよ!」と言われると、楽な方を選んでしまいがちです。

でも、そんなことには目も触れずに、「自分たちにできることを一生懸命やろう!」と決断するのは、とてもすばらしいことです!

普通では、なかなかできることではないと思います。

ネットやFacebookを否定するわけではありませんが、自分たちの足を使って行動すると、ネット以上のものを得ることができるはずです。

ネットなら「やっぱりダメだった」で終わることでも、足を使って行動すれば、その経験が次につながるはずです。

こうして、二人の都合が合えば集中して行動して、どんどん良いつながりができて、輪が広がっていったということです。

それぞれ家庭もありますし、やることや家事もありますので、これだけ行動されるのはすばらしいことです。

家の中は大変だったかも知れませんが。(笑)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する