オルタナティブ・ブログ > 僕がモバイルを愛する理由 >

モバイルを使い始めて30年の筆者が活用しているモバイル機器、モバイルシーンを紹介していきます。スマートフォン、ノートパソコン、PDA、携帯電話に加え、様々なネットサービス(ソーシャル、クラウド、レンタルサーバーなど)、周辺機器(Bluetoothヘッドセット、Bluetoothキーボード)との連動をご紹介します。

ウィルコムがまたとんでもない新製品「クレジットカード型PHS」

»
モバイルを愛してますか?モバイル情報ブロガーの伊藤浩一です。

7月4日にウィルコムの夏モデルの発表がありました。ウィルコムと言えば、通常のPHS端末に加えて、ストラップフォン、イエデンワなど、ユーザーの予想を超えたコンセプト端末をリリースしています。この夏モデルでも、ユニークな新商品を発表しました。

クレジットカードサイズのPHS端末「だれとでも定額パス」です。

WX01TJ_front.jpg

この商品は端末では通話ができずに、スマートフォンからBluetooth接続で専用アプリにて通話する、という通話端末になります。

この端末で何が起きるかというと、普段使っているAndroidスマートフォンにて、PHS回線による「だれとでも定額」が利用できてしまう、ということです。

つまり、スマートフォンに通信専用の定額SIMを利用して、この「だれとでも定額パス」を使うと、非常に格安な通信定額、通話定額なスマートフォンができてしまう、という仕組みになります。

大きさが厚み5.5mm、重さが約32gということで、財布に入れておけるサイズです。連続待ち受け時間も約250時間、連続通話が約3.5時間、ということで、数日充電しなくても使えることが予想できます。料金プランは、「パス専用プラン」で基本使用料が月額490円、だれとでも定額が月額980円となります。もう一台無料キャンペーンの2~3回線目として利用もできるそうです。

アプリの使い勝手が気になるところではありますが、私のように複数のスマートフォンを併用しているユーザーにとって、Bluetoothのペアリングを切り替えれば、複数端末での利用が可能であれば、とても嬉しい端末となります。また、Android 4.0以上のスマートフォンが対象ということで、対応機種の幅が広いことを期待したいです。

とにかく、どんな使い方をしようかな、と夢の広がる「だれとでも定額パス」だとかんじました。7月下旬の発売が楽しみです。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する