オルタナティブ・ブログ > 僕がモバイルを愛する理由 >

モバイルを使い始めて30年の筆者が活用しているモバイル機器、モバイルシーンを紹介していきます。スマートフォン、ノートパソコン、PDA、携帯電話に加え、様々なネットサービス(ソーシャル、クラウド、レンタルサーバーなど)、周辺機器(Bluetoothヘッドセット、Bluetoothキーボード)との連動をご紹介します。

ノートPCを超えたAndroidタブレットREGZA Tablet AT703レビューその6・Bluetoothキーボードの秘密

»
モバイルを愛していますか?モバイル情報ブロガーの伊藤浩一です。

REGZA Tablet AT703をお借りしています。このタブレットには、ケース兼用Bluetoothキーボードが付属しているのですが、このキーボードを使っていて、驚いた機能があります。

通常のBluetoothキーボードは、ペアリングが完了すれば、数m離れていても入力が可能になります。そこで、タブレットを平面に置いた状態で入力したところ、文字入力ができません。ペアリングはできている状態です。
DSC03581_R.JPG

ちなみに、通常利用のように合体させると、文字入力ができます。合体は、磁石で、タブレットとキーボードが付くスタイルになっています。
DSC03579_R.JPG

合体しないと文字入力ができない仕様は、Bluetoothキーボードを裏側に回して、手書き入力する際に、不要な入力を避けるためと思われます。液晶面が裏側に回転するレッツノートと同じ発想ですね。
DSC03586_R.JPG

手書きタブレット用のBluetoothキーボードとして良く考えられた方式だと思います。手書きアプリTrueNoteは、手書きモードになると、必ず縦画面に強制的に変更されるため、必然的に合体を外して手書きをしています。Bluetoothキーボードを使えなくする工夫があったんですね。


300x300_at703b.gif
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する