オルタナティブ・ブログ > Azureの鼓動 >

クラウド戦役をZガンダム視点でわかりやすく解説するブログ+時々書評。

【これは便利】定番管理ツールWindowsAzureMMCが大幅機能強化でリニューアル

»

クラウド環境は管理が面倒くさい、と決めつける前にこれを試してみていただきたい。
WindowsAzureの定番管理ツール WindowsAzureMMC の最新版がMSDN Code Galleryで
ダウンロード可能になっている。

このツール、以前から存在していたのだが今回のバージョンアップで大幅に機能強化
されており、Azureの管理タスクはほぼこれだけで行えるようになっている。

Mmc01_2

このツールの詳細や今後の展開については、Code Gallery をみていただくか、
Ryan Dunnのブログを購読するのがよいだろう。彼もまた Steve Marx や David Aiken と
並ぶAzureにフォーカスしたエバンジェリストの1人である。

Mmc02

早速このツールをインストールしてみると、下記のような画面が立ち上がる。ちなみに、
馴染みのない方のために説明しておくと、MMCというのは Microsoft Management Console の
略であり、Windowsで管理ツールを実装するための共通の枠組みである。このAzureMMCでも
Azureの管理APIをラップしたMMCスナップインを読み込む仕掛けになっており、手元の
Windows7などのコントロールパネルで使うであろう画面と似た構成で操作できてしまう。

Mmc03

画面左のエクスプローラー的なメニューを展開してゆくと、Computing ServiceやStorageの
管理、さらにはStorage Explorerを利用してStorageのナカミを参照することもできてしまう
ことがみてとれる。

サービスの管理はパッケージのデプロイからインスタンス数の増減、さらには診断ツールを
経由したサービス監視までオールインワンで行えてしまうのだ。今までブラウザ経由で
管理ポータルを使っていた人も多いだろうが、これは便利でオススメだ。

なお、このツールは上記のように管理APIを利用する仕掛けになっている。したがって、
Azureへの接続はLiveIDのユーザー名パスワードではなく、Certificationファイルによって
管理されている。慣れている方にとっては便利&柔軟かつ安心なことこの上ないだろうが、
「証明書ってなに??」という方もいるかもしれないので、AzureMMCの最初の設定で
躓きそうなところを説明しておこう。(Azure管理APIの説明はコチラがオススメ)

まず、このツールを利用するにあたってはCertification を登録する必要がある。
Console Root > Windows Azure Management > Service Management と階層を展開すると
サブスクリプションIDと API Certification を求められる。

Mmc05

サブスクリプションIDは、Azureの管理ポータルから簡単に確認できる。ブラウザから
管理ポータルにLiveIDでログインし、作成済みのプロジェクトをどれか1つ選んで
Accountタブを開くと下図のような状態になる。サブスクリプションIDは画面一番下
赤く囲まれた部分である。

Mmc06_2

さて、Certificationなのだが、まず手元の環境で*.cerファイルを作成し、あらかじめAzureに
アップロードしておく必要がある。*.cerファイルの登録は上図黄色のリンクから行う。
Certificationファイルはmakercertコマンド(詳細はコチラを参照)から任意のオプションで
作成することができるが、慣れない方は下記手順がよろしいかと。

AzureMMCで API Certificate の「...」ボタンをクリックして表示される(であろう)いくつかの
Certification情報の中からどれか1つを選択して「証明書のプロパティを表示」をクリック、
プロパティ画面で「詳細」を開き、ファイルにコピーボタンを押し、ウィザード画面に従って
*.cerファイルを作成するのが簡単だと思われる。

Mmc07

作成した*.cerファイルをあらかじめAzureの管理画面でアップロードしておき、対応する
証明書を選択すると、AzureMMCからの接続が可能になる。面倒と思われるかもしれないが、
ユーザー名パスワードの組み合わせに比べれば安全な仕組みなので、この機会に慣れて
おいていただきたい。

それでもうまく動かない!という方はAzureフォーラムに(日本語で)質問してみてもらいたい。
精鋭ぞろいのモデレーターをはじめ、Azure開発者のみなさまが問題解決まで導いてくれる
ことだろう。

Comment(1)

コメント

小林

記事を参考にさせていただいております。
こちらに質問させていただくのが正しいかどうかわからないのですが、
もしも何かお分かりになりましたら、お手数ですが、お教えいただけますでしょうか。

記事を参考にAzureMMCにサブスクリプションIDを入力して、AzureMMCで API Certificate の「...」ボタンをクリックすると、「証明書がありません」と表示されてしまいます。
証明書は作成後、Azure上にUpload済みです。

証明書に問題があるのかとも思い、記事の中の「慣れない方は下記手順」を参考にしようとしたのですが、AzureMMCで API Certificate の「...」ボタンをクリックしても、記事にあるような情報は表示されず、やはり「証明書がありません」と表示されてしまいます。

何か思いつく問題がありましたらお教えいただけますと幸いです。

私の環境は以下の通りです。

・Windows7 Ultimate(32bit)
・Management Console 3.0 バージョン6.1

コメントを投稿する