オルタナティブ・ブログ > Azureの鼓動 >

クラウド戦役をZガンダム視点でわかりやすく解説するブログ+時々書評。

【恒例の激レア読プレ】TechEdセッションご来場でAzureノベルティプレゼント

»

Azureロゴ入りブロックメモ、キャップ、ボールペンを条件を、下記の応募条件を満たす方々に
感謝の意を込めてプレゼントさせていただきたい(多数の場合は先着順)。
これらのAzureロゴ入りノベルティは先日出張に行った際に手荷物的にごく少数持ち帰ってきたもので、
まだ日本に製品部なるものが存在していない現状においては、激レア必至である。

Azure_cap
(机の上が散らかっているのはご愛敬)

■プレゼントさせていただく条件■

1. このブログを読んでいる
2. TechEd 09にご来場いただける
3A. ご自身のブログなどでAzureについて書いたことがある
3B. Azureを使った開発に着手している

3Aか3Bはどちらか満たしていただければOK。一番のネックはTech Edご来場だろうか。
今週末までは早期申し込み割引のおトクな値段でお申し込みいただけることになっている。
Tech Edは毎年常連という方も、興味はあるが行ったことがなかったという方も、
なんだそれ?初めて知ったよという方も、Windows7他最新技術情報満載の今年は必見だ。
IT編集部のみなさんが、見所寸評を書いていただいているので、参考にしていただきたい。

TechNet Plus Direct サブスクリプション 参加者全員に進呈 | Microsoft Tech·Ed Japan 2009

私が担当させていただくのは、最終日28日(金)15:15 - 16:25@Room Cで行われる
T2-203 Azure 開発概要。クラウド時代のアプリケーション開発者として身につけておくべき基礎
である。できるだけ多くの方にAzureに親しんでいただけるよう、敷居を下げた内容にすべく、
目下準備中である。パブリックCTPの準備状況にもよるが、名前だけでなくアーキテクチャも大きく
変わった SQL Azure (旧SQL Data Services)にも触れさせていただく予定だ。

先日のReMIXで読プレ扱いさせていただいた、こちらも激レア Live Mesh シャツは、
おかげさまで予備分も含めてすべて配りきってしまった。今回も多数のお声がけをお待ちしている。
タイミングとしては、セッションの後Ask the speakerというコーナーがあるので、そちらで
「質問じゃないのですが、Azureノベルティください。ブログ読んでます!」と申し出ていただければ
対応できるよう準備をしておきたい。なお、最終日だけ都合が悪くて残念ながらセッションに
参加できないという方は、事前にご連絡いただければ確保させていただきたい。
shisago@microsoft.com(@半角)

なお、今のところ先着順でプレゼントできる確保数は、
先進的クラウド開発者の証、Windows Azureキャップが1つ、
実用より机のオブジェに最適な、Windows Azureブロックメモが3つ、
打ち合わせの時にさりげなく人目を惹ける、Windows Azureボールペンが10本だ。

商用サービス開始の11月以降には、本社から取り寄せたりものにより日本でも量産したりと、
珍しくもなくなってしまうかもしれないが、PDCでのローンチにむけて盛り上がってゆくムーブメントを、
まわりのみんなが持っていない激レアノベルティと共に楽しんでいただきたいものである。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する