オルタナティブ・ブログ > Azureの鼓動 >

クラウド戦役をZガンダム視点でわかりやすく解説するブログ+時々書評。

マイケルジャクソンに負けじとReMIXもSmooth Streamingでキーノートをライブ配信

»

配信URLはコチラ。16日の9:45頃からライブ配信のページをアクティブにする予定だ。
まもなく開始されるReMIXのキーノートの模様を、マイケルジャクソン追悼式の際にも活躍した
IISとSilverlightの組み合わせによるSmooth Streaming環境でライブ配信することになっている。

会場にいらっしゃる皆様には無用の長物かもしれないが、残念ながら何らかの事情でご来場
いただけなかった方々には、是非コチラのライブ配信をご覧頂きたい。視聴環境のネット帯域
にもよるが、勝負は一点、画質である。

この環境はReMIXのキーノート配信のために、パートナー各社様の協力の下に構築したもの
であるが、ライブエンコーダーから配信サーバーまで、すべてWindowsベースのソリューション
となっていることも特筆すべきポイントだ。ライブストリーミング環境もWindowsでここまで
やれるのかと、今一度認識を新たにして頂きたい。

・ライブエンコーダー Inlet S7000は、Windows XP Embeddedベース。8コアのCPUパワーで
 ビデオのエンコードを行う。
・配信システムは、Windows Server 2008/IIS7ベース。10台の物理サーバー上に20台の
 仮想マシンをHyper-Vでホスト。Windows Server 2008 R2 RC/IIS 7.5での動作も確認済みで
 2008 R2で強化された新機能のひとつであるライブマイグレーションも可能。物理サーバー
 リソースには余力があるので、仮想マシンの台数を増やすことも可能。
・ストレージは、Windows Storage Serverを利用。
・メディアプレイヤーは、Silverlight 2ベース。Silverlight 3からの動作も確認済み。
 Intel Macでも動作確認済み。

Live Smooth Streamingとしては日本初。IIJ様のご協力により10Gbpsのインターネット
バックボーンに接続される大規模配信としてのShowcaseとなる。

途中、映像が止まってしまった場合、[F5]キーで再読み込みをお願いしたい。

会場で撮影された映像は、途中プロセスの都合で約15秒遅れて配信される。
今回の環境は、A3セッションを担当する大西と奥主の2人のエバンジェリストを中心に、
パートナー企業様のご協力にあやかりながら、設計、検証、構築したものである。
その技術詳細は、ブレイクアウトセッションA3で深くご説明させて頂くことになる。
マイクロソフトの最先端のメディアソリューションのすごさを実感いただきたい。

私の担当セッションA1:Live でラクして応用編 Silverlight クラウド アプリがつくれるようになる Top 10 Hacks

もよろしくお願いしたい。「ブログ読んでます!」とお声掛け頂いた方先着3名に激レア
Live Meshシャツプレゼント、の話もイキである。なお、私のセッションでは、ご来場者の皆様に
その場ですぐ試してみて頂けるよう、無線LAN環境をご提供している。私の私物の無線LAN
ルーターを持ち込んでいるだけのものでしかないが、全くWiFiがないよりはよいだろう。
ノートPCや各種デバイスをお持ちであれば、セッションで気になったものを随時実際に
試してみて頂きたい。USTできるほどの帯域はないかもしれないが、内容をtsudaったり、
リアルタイムにtumblrやブログなどでまとめていただければ幸いである。

なお、ReMIX会場でWiFi環境を提供しているのだが、展示会場の方が中心であり、
ブレイクアウトセッション、特にAの部屋では電波が入りにくい状況にある。建物の構造上、
イーモバイルやUQも入りにくいので、ネット接続必須という方は展示会の方向に進んで
作業して頂きたい。

セッション終了後は、展示会場の方に Ask the Expertというコーナーがあり、しばらくは
そちらにいることになる。質問、というと気後れしてしまう方ももしかしたらいるかもしれないが、
気軽に話しかけて頂き、感想でも、何でも意見交換させて頂ければと思う。カンファレンス
会場でお褒めの言葉はもちろん、お困り事や要望などの生の声をお聞きして皆様と共に
解決策を模索できることは、技術ベンダーのエバンジェリスト冥利に尽きる。

ライブ配信などやると来場してもらえなくなる!と騒ぐ人々を黙らせるくらいの、リアルに
あって話したいと思わせる人間力が、今後ますます我々スピーカー人には求められるのだろう。
皆様のご指導ご鞭撻の元、精進させて頂きたい。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する