オルタナティブ・ブログ > Azureの鼓動 >

クラウド戦役をZガンダム視点でわかりやすく解説するブログ+時々書評。

連休明けに自慢する?Windwos7 RC版インストールのススメ

»

日本の連休のことなどお構いなしにグローバルビジネスは進んでいる。
Windows7のRC版(Release Candidate版=正式出荷候補版)が一般公開となった。
無償で誰でも取得できるLive IDさえあればダウンロードが可能である。
お恥ずかしい話、MSDN購読者の方しか使えないのかと思っていたが、
どうやらそういう制約はなさそうだ。興味を持っていただいた方は大歓迎である。

ダウンロードはこのページ(英語)から。
ページ中程Get the downloadで32bitか64bitどちらかでJapaneseを選択すると、
以降のガイドは日本語になるので安心して進んでいただきたい。

比較的安定しているRC版とはいえ、製品として世に出ているものではないので、
今お使いのPCのハードディスクにゆとりがあればデュアルブートに、
使ってないPCがあればそちらを復活させて使ってみることをお勧めする。

私を含むマイクロソフトの中の人たちは、比較的初期のβ版から業務用PCで
使っているが、あまり大きな問題にでくわしたという報告は聞かない。
(だからといって大丈夫というわけではないが、参考までに)

デバイスドライバなどの互換性の問題は、同じOSコアを使っているVistaで
動いているものならおそらく問題ないだろうが、XP以前のOSを対象としたものの場合、
もしかするとそのままでは動かない可能性がある。回避策としては、仮想環境レベル、
あるいは実行プログラムレベルでXP互換モードを使用することができる。

ただ、せっかくWindows7環境を構築したからには「ならでは感」のある体験をして
いただきたい。まだその機能をフルに生かせるPCやソフトウェアは限られているが、
マルチタッチは是非一度実機で試してみることをお勧めする。これからPC購入を
お考えであれば、デモの実績などからHPのタッチスマートあたりをお勧めする。

これまでキーボード操作故、机の上に縛られていたPCが、家庭や生産現場、
医療機関などに解き放たれる可能性を感じていただけることと思われる。
使い方次第ではあるが、iPhoneとはまたひと味違ったユーザーエクスペリエンスを
提供できることになるだろう。

---
ギレンの野望では、本格的に量産ラインに載せるべき機体は絞り込むのが鉄則だ。
実世界のごとく再現された生産コストの量産効果で、戦況を有利にできるためである。

例えば、ジオンで1年戦争初期からスタートした場合、
グフを量産すべきか、あるいはザクII陸戦型でしのいでドムを量産するか
アッガイを量産すべきか、あるいはゴッグとマリンザクでしのいでズゴックを量産するか
(堀内氏提唱のクリエイティブチョイス的には必ずしも二項対立ではないかもしれないが)
要素技術の系譜から、グフもアッガイも開発だけはしておく必要があるが、
生産ラインを占有して、費用と資源を投下して量産すべきかどうかはプレイヤー
にとって悩ましい判断となる場合もある。

今回のWindows7の位置づけは、Zを時代背景とするこのブログでいうならば、
マラサイかアッシマーといったところだろうか。
ギレンの野望を戦い抜いた方なら、これらの機体が開発完了した時点で、
迷わず生産ラインをフル稼働して量産するに違いない。どちらも高い能力と
良好な運用性から高い戦果をあげてくれること請け合いだ。

時代の主力機となることがほぼわかっているのであれば、早期に運用体制を整え、
実戦配備に備えるのが賢明だ。技術レベルで敵陣営に追いつかれる前に、
周到に用意した支援兵器と蓄積した運用ノウハウで一気に差を広げるのである。

誰でもインストール可能となったWindows7、ではあるが、一般の人々が
購入して使えるようになるのはまだ先のことになる。
幸運にも連休中にこのブログにたどり着いた各位は、この週末あたりで試してみてはいかがだろうか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する