オルタナティブ・ブログ > Iターンのススメ >

北海道のさまざまな情報を、東京→札幌のIターン経験を交えつつお伝えしていきます。

狩猟日記・・・? いいえお散歩です 【1】

»

明けましておめでとうございます!
年明けといえば、休み中どこに行ったとか何をしていたかという話をよく聞きます。
個人的には、海外旅行に行こうが寝正月であろうと、自分が楽しければ充実しているのではないかと思うのですが、アウトドア派の勢いがすごいなぁと毎年感じます。
外は外で楽しいという気持ちはわかるのですが、「家にいる=もったいない」という決めつけはもう少し控えていただけると嬉しいと思うこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私はこれといって趣味らしい趣味はないのですが、ただ一つ、ゲームだけは昔から大好きで、年末年始は初詣にも行かず、ひたすらお家でゲームをしてました。

主に何のゲームをしていたかというと、「モンスターハンター ワールド (PC版)」です。
皆様ご存知だろうと思いますが、モンハンとは最大4人で同時に遊べて、恐竜やトカゲの様な巨大生物に強い武器で挑み、ひたすら狩りをして、オトモの猫を愛でるアクションゲームです。
肉を焼くゲームとも思われてますけど。笑
いやもうこの高グラフィックで、こんなに可愛い猫と一緒に狩りができるんですよ!?
しかも模様とか色とか好みにカスタマイズできてしまうという神っぷり!
これは私をはじめ、猫好きな人は猫を可愛がるだけのゲームとしても、充分買う価値があるのではないでしょうか。

top.jpg top2.jpg
とにかくお共のネコがかわいい! 本当ににかわいすぎる!

モンハンなんてもう遊びつくしたという人が多いことでしょうが、私は去年の秋に今更ながら買ったので、私的には最新のゲームです!
ちなみに、ゲームといえば通常はプレステや Switch が主流となりますが、私はパソコン版で遊んでいます。
最近のゲームは発売後にアップデートが実施されることが多く、バグの修正の他、新しいキャラやシステム、マップなどの追加も可能となります。
かくいうモンハンも、PS4 では「モンスターハンター アイスボーン」という大型コンテンツが昨年アップデートされ、氷の世界が追加できるようになりました。
雪と氷が好きで札幌に移住したと言っても過言ではない私にとっては、待望の新マップ!
しかし、パソコン版にはこのアップデートはまだ来ておらず、何と明後日「1/10」にならないと実装されません。
あと数日ですが、待ちきれない思いでいっぱいです。

話をモンハンに戻しますと、爬虫類好きとして前々から遊んでみたかったのですが、いかんせん難易度が高すぎて、一人でやるには敷居が高すぎました。
ゲーム愛は人一倍あるのですが、いつまでたっても悲しいほどにゲームが下手なのです。
しかし、去年発売された最新のモンハンは、ガチなゲーマー友達が一人プレイが一番強くて楽だと言っていたので、買わない手はないと意気込んで購入しました。
よーし、モンスターをいっぱい狩っちゃうぞと前のめりでプレイしたところ、あくまでもガチな人にとっての「楽」だったということに気付きました。

yoru.jpg 
こんなに凶悪な肉食恐竜でも、綺麗な夜空にうっとり

え、ソロが楽?え、え...?
いや普通に敵が強すぎるんですけど。
指定されたモンスターだけと闘いたいのに、別の強いモンスターが乱入してくるとかアリなの!?
普通に迷惑だし巻き込まれて死ぬんですけど・・・。
何度死んでも戦闘は楽しいし、ギリギリで生き延びて倒し切った時の高揚感は半端じゃないのですが、肝心のモンスターが中々狩れないというジレンマ。
あれ、おかしいなこんなはずじゃ・・・。笑

ちなみに、モンハンには10種類以上の武器があり、大剣やハンマー、太刀といった近接武器から、弓やボウガンの様な遠距離武器まで好きに使えるのですが、強いと噂の太刀を私はずっと使っています。
こうなったら、上手い人の解説動画を参考にして戦おうと思い、練習に最適だという画像の敵(ディアブロス)に挑んでみました。
解説動画ではサクサク回避し、これでもかと言わんばかりに華麗に攻撃しているので、これは私でも倒せそうだと思い、挑戦してみたところ・・・。

dia1.jpg 
開幕はやる気満々

dia2.jpg 
わー、やっぱ強い!

dia3.jpg 
オトモの猫が出す回復の密が欲しい! けど遠い! 
※倒れているだけで死んではいません

まさに弄ばれたという言葉がしっくりくる、散々な結果になりました。
強い敵には強い武器や防具が必要で、でもそれを作るには強い敵から出るアイテムが必要という無限ループに陥り、もうダメだ、私みたいな軟弱ハンターはモンハンをやる資格なんてないとゲームを辞めようともしました。
ですが、恐竜はかわいいし景色もとても綺麗だし、マップを歩いてるだけでワクワクする。
そんなゲーム、他には知らないし何とか遊び倒したいという気持ちが強く、辞められませんでした。

そんなある日、無理にゲームのタイトルやストーリー通りに遊ばなくてもいいんじゃないかと思い立ち、好きなマップを好きなだけお散歩して遊ぶスタイルに転向しました。
それからというもの、強い敵が来たら逃げる位の勢いで、お散歩を楽しんでいます。
そんな変わった遊び方をしている私に付き合ってくれた友達が、ある時「双眼鏡使ってる?」と聞いてきました。
双眼鏡の存在は知っていたものの、持っていないなかった私はすぐさまショップに向かい、タダ同然の値段で売られている双眼鏡を購入しました。
双眼鏡を覗いたところ、ちょっっ、えっっ!!何この神アイテム!!!
あれ、もしかして今の時代「神」って言わないですか?もう古い?
知らない間に悪魔になったとかある!?
いや、もしわからなかったらググって下さい。笑

双眼鏡を一言で言うとサイコー!!ほんとにサイコー!!!
生き物全般が好きで、特に昆虫好きな私にとって、何でもっと早くにコレを買わなかったのかと後悔するほど、最高のアイテムでした。

ari.jpg dragon.jpg 
小さなハコビアリもこんなにはっきり!! 小型の恐竜だって細部まで見れます。

皆で狩ろうぜでお馴染みのモンハンを、主に一人で遊んでいる私ですが、「モンスターハンター アイスボーン」の実装後は、2~3人で協力プレイする時に敵の体力が緩和されます。
このシステムにより、今よりは心苦しい思いをすることなく、友達に助けを求められます。笑
モンハンのシステムでは、ストーリーを進めたり、お金やポイントが貰えるクエストは、大体3回死ぬと失敗になります。
多くのプレイヤーは多少手こずってもクリアできるのでしょうが、ポンコツな私には2回しか死なずにクリアするなんて到底無理な話です。
下手くそでも遊びたい!恐竜と戯れたい!と思うのは、きっと私だけではないはず。
いや、仮に私だけだとしてもカプコンさん、どうか「イージーモード」を追加していただけないでしょうか。
お願いします!!

果たして「アイスボーン」実装後、ドラゴンは狩れるようになるのか!?
結局、お散歩だけをして過ごすことになるのか・・・。

ー続くー

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する