オルタナティブ・ブログ > An Agile Way >

アジャイルに行こう!

Scott Ambler と ソフトウェア開発のメタファについて話をした。

»

IBM の中でテクニカル的にアジャイルについての発言をしているのは Scott Ambler です。今日は彼と話すことができました。Agile@Scale のBofです。

BOFは4人でしたので、ひざを突き合わせて話をしましたが、そのうち一人は、Agileというコンセプトに始めて出合った人。その人の、

「ソフトウェアは工学的に作るようにようやく進歩してきたのだ。Agileはその歴史を、人側に逆戻りさせようというのか?」

という質問に、

「昔、太陽は地球の周りを回っていると思われていた。しかし、回っていたのは地球だった。これがAgileのパラダイムシフト。もしかしたら、後何年か先に、宇宙の中心がみつかって、そこを中心に回っていることがまた発見されるかもしれない。ソフトウェア工学はまだ40年しか歴史がないのだから。」

といい答え。さらに、

「建築や土木をソフトウェアのメタファと捉えるのではなく、今一番近いのは、映画を撮る、というモデル。予算が決まって期限が決まる。すると、人を集めて、撮り始めるが、途中で人が抜けたりテーマが変わったり、予算がなくなったりする。映画の成功は、計画どおりに行ったかではなく、その映画が売れたかどうか。予算どおり、納期どおり、ストーリーどおりに映画を作ったとしても、それが売れなければ失敗だ。従来のソフトウェア開発のやり方だと、予算どおりに期限どおりに仕様どおりにできた。でもまったく使い物にならないソフトウェアができた、ということが簡単におこる」 」


なるほど。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する