オルタナティブ・ブログ > An Agile Way >

アジャイルに行こう!

「人月ビジネス社長がパッケージビジネスを成功させる方法」

»

FETIA(福井情報技術者協会)、という「硬い名前だが元気なプログラマー集団」でお世話になっている chikura さんのブログ。

http://chikura.fprog.com/index.php?UID=1186110219

「人月ビジネスにおいて重要なのは「判断」であって「決断」ではない。」

ぼくも、人月ビジネスの会社とパッケージビジネスの会社、両方にかかわっているので、その両者の特性がまったく違う、ということに同意する。このブログは、ちょっと人月ビジネスに批判的な書き方になっているが、ぼくの経験では、この判断ができる人はかなりバランス感覚が必要だし、行動力とリスク嗅覚が必要とされる。この判断は、「アートとしての判断」といえるようにも思う。そして、パッケージビジネスは、「のるかそるか」的な面があり、確かに決断だ。ここは、まったく同意。

両方とも厳しいビジネスなんですが、日本で、もっとパッケージベンダーが現れないと、だめだと思う。それには、海外市場を相手にする必要がある。チェンジビジョンがチャレンジしている部分。ますます、成功させる意欲が沸いてきた。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する