オルタナティブ・ブログ > なるいのDRM進化論 >

デジタルコンテンツ流通の潮流を見据えて

ePUBの対応を始めます bookend

»

Screen_shot_20110107_at_75008_pm_2

多くの皆様をお待たせしてしまいましたがbookendでのePUBのサービスを発表いたします。

アイドックでは今年も引き続き皆様にDRM技術をコアとした多彩なサービスをお届けしていきたいと考えております。いっそうのご愛顧をお願いいたします。

さて、今年も積極的にセミナーを開催して皆様にKEYRING.NETのサービスの内容を知って頂きたいと考えております。1月は20日と27日の二回です。 内容は、iPad/iPhone用のbookendによるePubサポートとMac用のbookendのご紹介です。 電子出版もいよいよ本番を迎えePubやMacなど幅広いフォーマットとプラットフォームのサポートが求められています。セミナーではこれ以外にも今後予定している開発の計画をお話させていただきます。

bookendセミナー申し込みはこちらへ

この度、ご参加者特典といたしまして新規のご契約の場合、 bookend(ブックエンド)の初期費用 198,000円が無料になるキャンペーンを行います。この機会にぜひご参加いただけますようお願い申し上げます。

ミナープログラム
1. bookendで広がる電子出版の世界
2. PDFとePub、オープンなフォーマットで電子出版を行うメリット
3. PDFでもePubでもDRMで安心して配信
4. DRMがあるからこそできる多彩なビジネス
5. コンテンツ保護とユーザビリティーを両立できるサービス
6. 出版社、販売会社、ユーザーにやさしいシステム
7. 電子出版マーケティング機能も搭載
8. 今後のbookend機能拡張内容と予定
9. bookendでの電子出版ビジネス展開事例
10. アイドック製品紹介(今日から電子出版、KeyringPDF)

KEYRING.NET DRMサービス

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する