オルタナティブ・ブログ > なるいのDRM進化論 >

デジタルコンテンツ流通の潮流を見据えて

【告知】PDFに親展や配達証明などの機能を与えるサービスを無料で始めました。

»

Picture_2

Picture_3アイドックではDRM技術を使って個人やビジネスマンが気軽に使えるセキュリティサービスとして「Keyringドキュメント認証FREE」を3月9日から無料サービスとして始めました。企業では、契約書、見積もり書、新製品情報、個人情報などのやりとり、個人では他人に見られたくない手紙や写真、ダメなら無効にしたいラブレターなどなど、用途には限りがありません。月に使えるファイル数と閲覧できるPC数の制限だけで後は有料のドキュメント認証サービスと同じ機能です。ぜひお試しください。申し込みはこちらから。


           「補足」

Keyringドキュメント認証は、PDFファイルに親展や配達証明などの機能を付加できるサービスです。 DRM(デジタル著作権管理)技術によって、大切なデータを常に送り手の管理下に置くことが可能です。「Keyringドキュメント認証FREE」は電子出版などに主に使われている有料版Keyringドキュメント認証を、ビジネスにまた個人用に無料でお使いいただけるようにしたものです。

だれでもすぐにPDFファイルの閲覧期間や閲覧PC数などを限定したり、配布後にそのPDFファイルを閲覧不可にすることができます。また受取人がいつそのファイルを開いたかをサーバー上で確認することもできます。企業情報や個人情報の漏洩防止のベーシックを無料で提供します。

「Keyringドキュメント認証 FREE」は、PDFファイルの閲覧に必要な「認証キー」を発行するSaaSサービスで、ソフトウェアのプロダクトキー認証と同じ仕組みをPDFファイルに提供します。PDFファイルの再配布や二次利用を防ぐだけでなく、閲覧期限を設定したり、配布後に閲覧を止めたり、印刷部数を制限したりすることができます。PDFファイルの配布方法はメール添付、ホームページからのダウンロード、SDやUSBメモリ等の記憶媒体など手段を問わないのも特徴です。 サービスは無料SaaSサービスとして提供し、「認証キー」の発行はブラウザからできるのですぐに使い始めることができます。

PDFファイルのコントロールには、コンシューマ向けPDFダウンロード販売で実績がある「KeyringPDF」のDRM(デジタル著作権管理)技術を用いているので安心です。PDFファイルを受け取ったユーザーに閲覧条件の設定された「認証キー」を渡すことでPDFファイルに閲覧制限をかけて配布することができます。使い方もITスキルの少ない方でも手軽に扱えるデザインで、「認証キー」の発行はブラウザから行えるので、どなたでもすぐに使い始めることができます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する