オルタナティブ・ブログ > なるいのDRM進化論 >

デジタルコンテンツ流通の潮流を見据えて

東京駅丸の内オアゾ内丸善書店の店頭に「フリー」の山が、びっくり

»

R0011737_2今日丸の内のオアゾ内の丸善に行ってびっくり。写真のように「フリー」が山積みになっていた。一緒に旧著「ロングテール」のアップデート版も置かれていた。話題の本ではあるがそんなに一般にたくさん売れるような種類の本ではないと思うが丸善の書店員はいったいどのように判断したのだろうか?まるで村上春樹状態だ。これがまさに「フリー」効果なのだろうか?今後どれくらい販売が進むのかとても興味がある。ちなみに書籍「フリー」はフリーではなく、1890円である。現時点でのAmazon.co.jpでのランキングでは総合7位だ。マイケルジャクソン本に挟まれていた。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する