オルタナティブ・ブログ > なるいのDRM進化論 >

デジタルコンテンツ流通の潮流を見据えて

相川七瀬ライブに行って来ました

»

お客様の出版社のご招待で9日にCCレモンホールで行われた相川七瀬ライブに行ってきた。

REBORN Project

内容は、サイトからの引用では、

1997年9月9日、相川七瀬は初めて日本武道館のステージに立ちました。あれからちょうど12年。干支が一周する歳月を経て「REBORN」というコンセプトで活動してきた相川が新たな想いを胸にステージに立ちます。09.09.09とスペシャルに並んだこの日がこの先12年の相川七瀬のライブのスタートの日です。スペシャルなバンドメンバーとスペシャルな曲目、新曲ももれなく聴けるかも!?特別なライブになることは間違いありません。絶対に見逃せないライブです。

こういったイベントで様々なグッズを販売する大きな販売機会になっている。CDやDVD、写真集、携帯ストラップなど、ファンにとっては垂涎ものが並んでいて、さらにイベントでアドレナリンが高まっているので、通常の店舗に置かれる場合とは桁違いの売り上げが期待される。

そこでデジタルコンテンツも売ろうという企画がいろいろと試されている。デジタルコンテンツをインターネットで販売する際の課題である少額課金やダウンロードに必要な環境などを解決する一つの手段になるからだ。また、ネットからでは得られない物理的なケースやジャケットなども魅力になる。デジタルコンテンツをインターネットから購入する習慣を持たない人にそれを経験させるという効果もある。PCでデジタルコンテンツを楽しむ習慣をより一般的なものにするきっかけになるというものだ。

(つづく)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する