オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

Mac版Officeは「いちばん安くてメイリオつき」

»

 10月6日、アップルストア銀座で行なわれた、MacBUのMacTopiaにおけるNobiさんの連載「Apple's Eye」200回記念セミナーに行ってきました。Nobiさんのはなしはもちろん面白かったのですが、そのあとで行なわれたMicrosoftのOffice 2008 for Macの情報が非常に興味深かったので、ここにメモしておきます。

 まず、Office 2008 for Macは、Windows版と比較しても「いちばん安く買えるMicrosoft Office」だということ。

 ファミリー&アカデミック版は、PowerPointまでちゃんとついてきて、2万2800円ちょっと。さらにはこれで3ライセンスまで使えるということで、夫婦+子供一人までOffice漬けにできるというわけです。1ライセンスあたり7000円ちょっとですよ。

 さらにさらに、Macユーザーにはすてきなおまけ。Macユーザーにも非常に評価の高いVista専用フォント「メイリオ」がバンドルされるのです。大きな声ではいえないですけど、メイリオはMacで見たほうがきれいなんじゃないでしょうか?

 ほかにも、基本的な機能として、PageMaker並みにレイアウトができるようになったWord、Keynoteなみにグリッドが使えるようになったPowerPointなど魅力もばっちりです。以前にレポートしたときよりもさらに完成度は上がっています。

関連記事:
Mac版Office 2008がスゴイ件について
Mactopia Japan : Apple's Eye

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する