オルタナティブ・ブログ > 山田智恵のビジネスアナトミー >

ビジネスや世の中の流れの分析。ときどき手帳の話など。

メラメラスイッチを押す仕掛け

»
去年ボストンのシモンズ・マネジメントスクールに1週間通い、「女性のための戦略的リーダーシップ研修」というのを受けた時の話です。
 
初日の朝、早めに学校につきました。緊張しながら、教室に入ると、机の上に一人一人に大きなファイルが置いてありました。これ↓

File

 
アメリカンサイズな大きなファイル。1週間分の資料どっさり。
 
この分厚いファイルを見たときに、私はメラメラとスイッチが入ったのです。よおし!私はこのファイルくらい大きなことを1週間で吸収しよう!と。
 
大学受験と違って知識の勉強ではないので、テキストを読み込むという意味の吸収ではないのですが、1週間かけて自分が学ぶ色んなことがファイルという姿形となって目の前に現れたというイメージです。それを見て、メラメラと燃えたと言うか。言っている意味が伝わりますでしょうか・・・?
 
小学校1年生が入学する時に、ランドセルやノート、筆箱、などを準備してワクワクすると思うのですが、それと似た感覚。私にとって、机に上に置かれていた分厚いファイルが、新しい世界に導いてくれるものの象徴に見えたのです。
 
新しい世界に導いてくれる象徴。これを用意できると、メラメラスイッチを押す仕掛けになるになるんじゃないかと思いました。
 
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する