オルタナティブ・ブログ > 山田智恵のビジネスアナトミー >

ビジネスや世の中の流れの分析。ときどき手帳の話など。

朝型生活にして体が軽くなりました。

»
 
もうずっと流行ってる朝活。
 
私も、朝活というか、朝型生活に切り替えてみました。10時半に寝て5時半に起きるか、もしくは、11時に寝て6時に起きる。で、会社に7時~7時半着。
 
私は朝がとても苦手でした。そもそも地震が起きても、目覚ましがなっても目を覚ましませんし、目覚ましもスヌーズ機能を5分起きに20分くらいかけてやっと起きるくらい。
で、目覚ましがなると、絶望するのです。あぁ、もう眠れないなんて。。。。このまま一生寝てたいのに。。。。。と。本当に絶望するのです。
 
が、今は違います。目覚ましなったら、「起きよっかな~!」なんて思えるのです。奇跡。朝が苦手な人ほど、おススメしたい。
 
朝が苦手なのは低血圧だからなのかと思ってたのですが、おそらく睡眠の質。10時~2時までの間になると成長ホルモンがでる睡眠のゴールデンタイムと言われていますが、睡眠時間は同じでも、早く寝ると起きるのつらくないし、体が軽いのです。私の場合は11時が大きな区切りで、11時すぎてから寝ると朝が辛くなります。
 
あと、大きなメリットとしては、2つ。
電車が混んでない。これは、思った以上に快適です。
②「始業時間まで」という大きな区切りがあると集中できる。 
早起きは三文の得です。
 
たまたま、ネットで大前研一さんの言葉をみつけました。
 
人間が変わる方法は3つしかない。1番目は時間配分を変える。2番目は住む場所を変える。3番目はつきあう人を変える。この3つの要素でしか人間は変わらない。最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ。
 
なるほどと思います。朝型にすると、一気に時間配分が変えられますよ。
 
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する