オルタナティブ・ブログ > 山田智恵のビジネスアナトミー >

ビジネスや世の中の流れの分析。ときどき手帳の話など。

ワクワクする未来を作るもの

»

 

言葉には力があります。私が好きなのは、以下の3つ。

 

池田内閣当時の「所得倍増計画」

  

ケネディの「今後10年以内に人間を月に着陸させ、安全に地球に帰還させる」

 

ジョンレノン&オノヨーコの「WAR IS OVER IF YOU WANT IT) 」 

どれも、何回見てもワクワクします。

人間はワクワクしない事には力がでない生き物だと思うのです。何にワクワクするかで、未来へ進む道が決まる。 全体主義を求めるわけではありませんが、多くの人間が動くと大きな動きになります。

ここ数年耳にするマネタイズって全然ワクワクしない。人間って、もっと夢のあるピュアな生き物だと思うのです。池田内閣の所得倍増計画の時は、ただお金が増えるだけではなく、そのお金で買ったことのないテレビを買い、洗濯機を買うといった、お金の先に、より豊かで便利な生活を手に入れるとうい夢がありました。今の時代のいう「マネタイズ」とは違うと思います。

みんながワクワクする未来像が早くできると、もっと日本は明るくなりますね。その未来像を示せるのは、政治家でも、大企業でもなく、個人になるのではないかと思っています。

そう考えると・・・・、ちょっとワクワクしませんか?

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する