オルタナティブ・ブログ > 山田智恵のビジネスアナトミー >

ビジネスや世の中の流れの分析。ときどき手帳の話など。

正しい旅行計画のたてかた

»
 
年末だからか、雑誌で色んな人の手帳の使い方がよく掲載されていますね。
見てるだけで「へ~」と思うような使い方があって面白いのですが、なかなか真似できません。こんなキレイにかけたらいいなぁって見るだけのものが多いのですが、なかでもかなり衝撃を受けたものがありました。旅行計画の立て方です。なんと、10年先まで旅行計画をたてるのです。たしか、こんな感じでした。私がダミーで勝手に再現してみました。
 
Photo_2
 
横列が時系列で、縦列の一番上に旅行先を入れて、その下に各月の目標を入れていました。これは、2015年までですが、10年先まで行くところをびっしり入れていました。こうみると、実は大きな旅行に行けるのは人生の中でかなり限られた回数だけしかない事に気が付きます。
 
たしかに、大きい旅行って、人生のうちでそう何度も行けるわけでもないんですよね。
いつか行きたい、いつか行きたいって思って10年たってしまうようなことは、普通にあると思うのです。本当に行きたいところは、こうやって計画たてておくべきだなと思いました。
 
ABBAの曲で、「いろんなところに旅行に行こうと言っていたのに、ほとんど行っていない。」というちょっと哀しい歌詞があります。計画していたら、もっと行けていたかもしれませんね。
 
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する