オルタナティブ・ブログ > 佐川明美の「シアトルより愛を込めて」 >

元証券アナリスト、前プロダクトマネージャー、既婚な現経営者が、日頃の思いをつづります。

会話に最適人数というのはあるのだろうか?

»

毎月恒例となった、"Girls' Night Out".  昨夜は普段より少し少な目の、女性7人が集まった。

最初は裏庭で、オードブルを囲んで気ままにおしゃべり。その後少し肌寒くなってきたので、屋内のダイニングルームに入り、食卓を囲んだ。

それぞれが持ち寄った料理に舌鼓をうちながら、7人全員が同じ話題について話し合ったのは、最初の数分間。いつのまにか、テーブルのあちら側とこちら側のグループに分かれ、二つの違った話題で盛り上がる。

当然の成り行きとはいえ、一度一つのグループの仲間入りをすると、もう一つのグループの話題にはついていけない。たまたま境界線が私とお隣の席の人との間に引かれてしまうと、隣同士なのに会話が途絶えてしまう。

会話には参加しながらも、昨夜は少し別のことも考えていて、なるべく自分が話し手にはならず、もっぱら聞き手のほうに回った。一体、ひとつのグループで会話が行えるための最適人数ってあるのかしら?昨夜の場合は、最初グループは、5人と2人に分かれ、その後4人と3人とに分かれた。

7人すべてが同じ話題の会話をずっと続けることは不可能なのだろうか?6人なら?それとも、単に人数だけでなく、誰が話の中心になっているかでも違いが出てくるのだろうか...

Comment(2)

コメント

とむとむ

あっそれとても面白いテーマです。
自分の高校は男女共学でしたが、1クラスに女子は7人から8人。8人のクラスの時、女子はお昼時は必ず2グループ。7人の時は7人だったり4人と3人だったリ。
確実に1グループなのは、6人でした。
これが、男だけだったり男女が混ざっていたりするとまた違う人数なので、ユニークなものです。

とむとむさん、
そうですか。それは面白いですね。男女がまざったら、どのくらいの人数で会話が弾むのでしょうかね。今度とむとむさんの観察結果も教えてください。

コメントを投稿する