オルタナティブ・ブログ > 佐川明美の「シアトルより愛を込めて」 >

元証券アナリスト、前プロダクトマネージャー、既婚な現経営者が、日頃の思いをつづります。

バレンタインデーに寄せて:百人一首の恋の歌

»

2月14日はバレンタインデー。長い間、女の子から男の子にチョコレートを上げる日だとばかり思っていたけれど、こちらアメリカではそんな一方的な日ではなく、お互いに愛する人同士がその気持ちを確認する日。お店にはハートをかたどったグリーティングカードがいっぱいだけど、プレゼントはチョコレートに限らない。

ちょっとばかりロマンティックになってもいいのでは?お正月だけでなく、この日に百人一首を取り出してみるのも悪くない。

瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢わむとぞ思ふ

私がこの歌を好きなのは、他でもない、「はいからさんが通る」の大ファンだったから。

貴方のお気に入りの恋の歌はどれですか?

Comment(3)

コメント

大内一寛

佐川さん、お久しぶりです、大内です。お元気そうでなによりです。こちらも元気でやってます。実は、恥ずかしながら先週末、「最高責任論」というタイトルで本を出版しました。できれば、佐川さんのご感想をお伺いしたいと思います。お送りしたいのですが、ご住所は以前のままでよろしいでしょうか?

むらかみつねお

崇徳院ですね。落語にもあります。なかなか、ええ話ですよ。

むらかみさん、
そうです。落語にもなっているのですか?一度聴いてみたいです。

コメントを投稿する