オルタナティブ・ブログ > 佐川明美の「シアトルより愛を込めて」 >

元証券アナリスト、前プロダクトマネージャー、既婚な現経営者が、日頃の思いをつづります。

頼もしい!シアトルの日本人留学生さん

»

この頃はほぼ毎週の割合で、ワシントン州日米協会の何らかの会合に出席している。先週は、元三菱商事会長の槇原稔氏を迎えてのランチョンがあった。

その席で槇原氏は、母校ハーバードの学部に日本人学生が一人しかいない例を挙げ、昨今の日本人の若者の内向き思考を憂慮しておられた。視野を拡げるため、若く感受性の高い時に海外生活をすべきだというのは私も同感。

一方、日米協会には、シアトルに留学中の学生さんが数人、インターンとして働いている。「海外ボランティアに興味があります。」とか、「ハンガリー語を専攻してます。」とか、いろいろな関心を持つ、意気はつらつとした人達だ。彼らを見ていると、日本の若者の中にも頼もしい人たちがいることを知り、心強い。

今は昔と違い、留学中もインターネットで日本の家族と簡単に連絡が取り合える。我と思わん方、就活の前に、一年くらい日本から出て海外で生活してみませんか?政府がワーキングホリデーのようなプログラムを奨励してもいいのでは?

Comment(2)

コメント

洋子

お久しぶりです。
「今年のハーバード大学の入学生は、中国300人・韓国200人・日本0人。」と言う記事を見ました。
先行きの見えない中で、段々と守りに入っているのでしょうか?これから、厳しい経済の中で、三人の子供達がどのように生き残るのか?日夜考えてしまいます。

洋子ちゃん、
コメントをありがとう。お元気ですか?
「かわいい子には旅をさせろ。」というごとく、子供たちの視野を拡げる機会を与えてあげてください。一度シアトルに遊びに来ませんか?

コメントを投稿する