オルタナティブ・ブログ > 佐川明美の「シアトルより愛を込めて」 >

元証券アナリスト、前プロダクトマネージャー、既婚な現経営者が、日頃の思いをつづります。

41歳のオリンピック競泳選手に脱帽

»

昼はウィンブルドンの男子決勝戦で、ラファエル・ナダールとロジャー・フェデラーの「歴史に残る試合」(ジョン・マッケンロー)を、それこそテレビにかじりついて観ていたが、夕方にもまた感激が。

アメリカの北京オリンピック代表選手選考。昨日の女子100メートルに続き、今日の50メートル自由形でも、41歳のダラ・トーレスが一位で北京行きの権利を手に入れた。彼女にとりこれが何と5回目のオリンピックとなる。横のレーンで競う選手の多くが、彼女が初めてオリンピックに出場した1984年には生まれてもいなかったのだ。

彼女のオフィシャルサイトによると、2000年のオリンピックの後、一旦は引退を表明しながら、2006年のマスターズにはカムバック。女の子を出産したわずか3週間後に、世界新記録を更新したという。

彼女の天分に文句なく脱帽するが、同時に、人間が持つ無限の可能性を示してくれた彼女から、今日はまたかけがえのない元気をもらった。

北京オリンピックではもちろん日本選手を応援するけれど、女子100メートルと50メートルの自由形では、私が声援するのはドラ・トーレスなのであしからず。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する