オルタナティブ・ブログ > 佐川明美の「シアトルより愛を込めて」 >

元証券アナリスト、前プロダクトマネージャー、既婚な現経営者が、日頃の思いをつづります。

カレーライスが一番のご馳走….

»

今夜は旦那の同僚を夕食に招いた。年末に結婚した彼へのお祝い。日本的にしゃぶしゃぶにしようかしら、それとも手の込んだラムシチューがいいかなと思い巡らしていたのに….旦那の強硬なリクエストで、今回もまたカレーライスになった。

またカレー?!!私のお料理の腕の見せ所がないじゃない、と不服を述べても、旦那の意見は変わらない。アペタイザーは、お気に入りのレストランから勝手にサモサ(ポテトコロッケに似ている。形はテトラポットのよう)を買って来たようだ。

でも、カレーライスが間違いなくアメリカ人にうけるのは事実。かつてがんばってお好み焼きを作ったことがあるが、鰹節がゆらゆら動いているのが気味が悪いと、その日招待した友人は手をつけなかった。心をこめて旦那のために作った茶碗蒸しも、納豆に次いで旦那の二番目に嫌いな日本料理。その点、カレーライスは、トライした人全員が、必ず次も作って欲しいという。

旦那はインド出身なのに、日本のカレーライスはインド料理とは全く違うという認識で、これこそ日本の代表料理と思っている。私はこの認識を覆す機会を、今回も与えてもらえなかった...

Comment(3)

コメント

ご結婚おめでとうございます!
私の数少ない経験で一番好評だった日本料理は「肉じゃが」でした。アメリカ人にとって、きのことか海草とか素材に親しみがないものはハードルが高いようですね。その点肉じゃがは牛肉とジャガイモとにんじんとグリーンピースなので親しみやすいのかしら?あと、水炊き(鶏肉、ほうれん草、にんじん、そしてとうもろこしなどやはり素材は普段食べ慣れているものを)水炊きにとうもろこしは変よと日本人には不評でしたが^^;

最近はとんぼ返りが多く、日本の味を懐かしむゆとりさえありませんが、以前、数週間も US に出張があったころは、日本に帰ってくると、必ずラーメンとカレーライスを食べてました。ラーメンは、香港、シンガポール、台湾などの中国人に大人気で、日本に出張にくると、中国語のグルメガイドを手に、みんな有名店に押し駈けたりします。
ビーフカレーなんて、欧米人には大人気でしょうね。肉が入って、ご飯が健康的(?)で、カレーが程よく辛くって。インドには当然ビーフカレーなんてものは、ある訳もなく、やはり日本の代表料理でしょうね(イギリスのパブ飯にはカレーライス、あります!)。

佐川

マリコさん、とおるさん、
コメントを有難うございます。返事が大幅に遅れてすみません。

肉じゃが...そうですね。アメリカ人にうけそうですね。今度トライしてみます。
ロンドンで何かお勧め料理かとあるイギリス人に尋ねたところ、インド料理という返事が返ってきたことを覚えています。

コメントを投稿する