私自身、約10年間に渡って、大手企業を中心に新規事業立ち上げの支援をしてまいりました。これらの経験を元に、難しい新規事業の取り組みについて、少しでもお役立て頂けるようなちょっとしたコツを発信していけたらなと考えています。

長期インターンの『グロース』。なぜ、完全無料化に踏み切ったのか?【前編】

»

私の会社(エフィジェント社)では、随時 新規サービスを企画しリリースしています。
その一環で、2014年7月、グロースという長期インターンのマッチングサイトをリリースしました。
長期インターンって、限られた学生向けの小さいマーケットなのですが、意外と激戦区になります。
参入障壁が低いので、私の知る限りでも、30位の競合サイトがあります。学生だけで運営しているものもあります。
ただ、既存サイトは どれも費用対効果の面で問題有り。
一定のサービスレベルに達しているものは、どれも価格が高い。適正価格でない。
我々なら、もっとリーズナブル価格でできる、また、小さいマーケットの為 大手も入ってこない、よって勝算有りと判断し 後発参入しました。

2014年は、テストリリースという事で 無料にしてました。
で、2015年以降についてですが、いろいろと熟慮の末、今回 完全無料化に踏み切ることにしました。
いろいろな関係者より「事業をあきらめたの?」「もう、やる気無いの?」とか頂いておりますが、そんな事はありません。
無料化は、戦略的な決断です。その決断に至った経緯を説明しますね。

●誰からお金を頂くか?
オプションは3つ。
1)求人掲載する企業
2)求人応募する学生
3)(仮に広告サービスを展開したとして)広告掲載するその他企業

ネット系サービスを立ち上げた事がある人なら、どれを選択すべきかはすぐわかりますね。
先ず、2)については、ありえない。そもそも、お金を持っていない学生からお金を取るというのは、非常に親和性が悪い。今回のサイトでは、誰も使ってくれなくなる。

そして、3)についても、難しい。
一昔前は、サイトのマネタイズ手法として、広告モデルが流行った。
ただ、今となっては、よほど、流行っているサイトでないと成立しない。
なので、少なくとも、現時点での選択はありえない。

という事で、消去法で 1)になる。

●どの課金方法を選択するか?
求人掲載企業に対して、どう課金するか?
オプションは2つ。
1)情報掲載料として...(固定金額で前払い)
2)実績報酬料として...(学生採用数に応じた変動金額で後払い)

1)については、立ち上げたばかりで 効果が未知数のサイトで、前払いは ハードルが高いだろうと考えた。
なので、2)でやりたい。
但し、2)のオペレーションについて、問題有り。
そもそも、長期インターン募集する企業は、ほとんどベンチャー系企業になる。
ベンチャーの一般特性として、お金に余裕が無い、それから、コンプライアンス意識が薄い。
で、そんなベンチャー企業に、学生採用数を単純申告させるのは難しいだろう。恐らく、申告漏れまくる。
なので、我々サイドで、学生を紹介した後、ある程度 その後を追っていかないといけない。
これ、追うとなると、だいぶオペレーションコストがかかる。
元々、価格を抑える事を命題としていた為、無駄なコストはかけたくない。
最終的に、価格に転嫁せざるおえなくなるので。

なので、ハードルは高いが1)にする。
その代わり、最大限価格を下げる。月額1万円の掲載料に設定する。
10倍位の価格設定しているサイトもあるので、だいぶ価格優位性は出せただろうと考えた。


長くなってきたので、今回はこのあたりで。【後編】に続く。

ーーーーーーーーーー
新事業推進社 エフィジェント 赤秀有為
停滞しがちな新規事業企画・立ち上げを推進支援します。

【業界初!完全無料】ITベンチャー特化型 長期インターンのグロースも運営。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する