私自身、約10年間に渡って、大手企業を中心に新規事業立ち上げの支援をしてまいりました。これらの経験を元に、難しい新規事業の取り組みについて、少しでもお役立て頂けるようなちょっとしたコツを発信していけたらなと考えています。

長期インターンの『グロース』。なぜ、完全無料化に踏み切ったのか?【後編】

»

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

長期インターンの『グロース』。なぜ、完全無料化に踏み切ったのか?
【前編】では、グロースの課金方法を下記の通りに決めた。
-----------------
○誰からお金を頂くか?
→ 求人掲載する企業

○どの課金方法を選択するか?
→ 情報掲載料として...(固定金額で前払い)
  但し、最大限安くという事で、月額1万円にて。
-----------------

ただ、これらは、あくまでも仮説。なので、次に、検証が必要ですね。
リスクを最小限に抑える為に、本格運用前に感触を探りたい。
という事で、今現在、求人掲載頂いている企業(担当者様)に事前ヒアリングをかける事にした。

●ヒアリング結果として、
ヒアリング先は、10社程度。
全て、打ち合わせの場をもって、FaceToFaceで、忌憚の無いご意見を伺った。

各担当者様、だいたい同じ反応を頂いた。
月額1万円の価格感については、「安い!」「もっと、高くしていいんじゃない。」等 歓迎頂いた。
やはり、価格に対するニーズは大きいと実感した。

但し、情報掲載料(前払い)については、予想以上にハードルが高かった。
ほとんどの方に、「前払い方式にするのであれば 止める」と。
仮説立てした課金方法は、明確に誤りだと認識させられた。
本事業で、お金を頂く事を諦める事に決めた。
で、次に考えることは、事業撤退するか? それとも 他の打ち手は考えられるか? になる。

●他の打ち手は考えられるか?
弊社は、幸い複数事業を展開している。
本事業の役割を他事業への貢献で、成立させられないか?

弊社の本業として、新規事業の支援をやっている。
これの顧客を獲得できないだろうか?
少数でも獲得できれば、本事業の運用費位、充分ペイできる。
では、その形を狙っていこうと。

本業の見込顧客は、当然、新規事業を展開する企業。
なので、求人掲載する企業を、思い切って、新規事業を展開する企業のみに限定することにした。
(求人掲載企業は、だいぶ限定されるが、役割が変わってしまった為 仕方ない。)

という事で、完全無料化と引き換えに、新規事業にセグメント化させたという格好になる。
上手く成立するか否か。これも仮説。1年後位に、検証結果をご報告します。
お楽しみに~。

ーーーーーーーーーー
新事業推進社 エフィジェント 赤秀有為
停滞しがちな新規事業企画・立ち上げを推進支援します。

【業界初!完全無料】ITベンチャー特化型 長期インターンのグロースも運営。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する