人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

やんごとなき姫君の話し方

»

昨日は、宮様の婚約記者会見があるというので、ジムの有酸素系マシン(TV付き)で懸命に歩きながら、画面に見入っておりました。おかげで80分くらい有酸素運動してしまいましたよ。

会見は、あらかじめ、質問者と質問内容は決まっていたのでしょうし、想定問答もご準備なさってはいたのでしょうが、それにしても、メモを見ず、よどみなくお話になるのはさすがだなぁと思いました。

特に、すごいと思ったのは、「えー」「あのぉ」「ええと」「そうですねぇ」「えっと」といった"つなぎ語"が一切入らないことでした。

宮様だけではなく、婚約者の小室さんも一切挟まない。

一般に、誰かに何かを質問されると、つなぎ語が入ってしまうものです。

たとえば、

「どちらで知り合われたのでしょうか?それから、プロポーズの言葉は?」

「まず、知り合った場所ですが、えー、大学の留学説明会で・・・。それから、プロポーズの言葉ですよね。それは、えっと、・・・」

と、こんな風になるのが普通です。

凡人は、絶対に「えー」が入ってしまう。

「えー」を一度も言わずに20分程度の記者会見をするというのは、すごいことだと感心しました。

プレゼンテーションの研修をしていると、「えー」をなくすのに苦労する方がかなりいます。

「えー、が多くて、中身が頭に入らない」という指摘を受けてしまう人もいます。

でも、訓練しさえすれば、ゼロにできるんだな、と今回、しみじみ思いました。

ずーっとそういう風に育てられ、意識して、話していると、「えー」がなくなるのであれば、凡人でも頑張って「えー」を言わなくする、少なくとも、減らすことはできるのでしょう。

会見の中身ではなく、一度も「えー」と言わなかったことが本当に印象に残りました。

================================

「えー」以外に、語尾を伸ばす、という話し癖もありますね。

「私は、ぁー、この国会で、ぇー、審議を、ぉー」と区切りの母音を伸ばす話法?です。

小池さんがそうだな、と常に思っています。


Comment(1)

コメント

てふてふ

「えー」などの繋ぎ言葉、多用されると不快に感じますが、最近特に気になっている話し方があります。
名詞や動詞に疑問符をつけるかのように、一文の中で何度も単語の語尾を上げて間を作る話し方です。
いつ頃から、なぜ、ビジネスの中でこのような話し方が広まったのか全く分からないのですが
年輩の方の中に見受けられる印象です。

問いかけたいのか、何か意図が隠されているのか、よく分かりませんが
文章にしてみると全然大したことを発している訳じゃ無い。
似たような話し方が"若者文化"のように取り沙汰された時期があった気もしますが
これとも違う気もしますし。

ビジネス会話から消えて欲しい話し方です。

コメントを投稿する