人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

人間ドックでOJTに付き合う。

»

書こうかどうしようか迷ったのだけれども、まあ、いいかと思い、書いておきます。

人間ドックに行ってきました。


乳がんの検査というのがありまして、私は、マンモグラフィーと超音波と触診の3点セット(2点セットまでは自己負担金がないのですが、3点セットとなると3000円ちょっと自己負担があります)を毎年お願いしています。

マンモグラフィーというのは、胸を"スルメイカ"みたいにまっ平らにしてレントゲンを撮るものです。痛いと言う人もいますが、もっと痛いことは世の中にたくさんあるので、別に気になりません。ただし、"スルメイカ"みたいな胸がなかなか面白い。

超音波は、腹部の超音波と同じです。

ぬるぬるもものを塗って、超音波で写真を撮っていきます。

先日の人間ドックでは、この超音波の時、OJTに付き合うことになりました。

超音波技師?の方が、「もう一人同席させてもよいでしょうか?」と尋ねます。

『ははーん、OJTだな』

とピンと来て、(というか、それ以外に理由もないだろうし)

「訓練というか、お勉強のためですか?」

と尋ねると、

「はい」

とのこと。

医療従事者家族である私は、こういう時、協力することが大事だと思っているので、快諾します。

さて、

上半身裸になりまして、ベッドに横になり、超音波の診断が始まると、もう一人の方(全員女性です)がどうしていたかというと、
ただひたすら、直立不動で壁際に立っているのです。

どうせなら、覗き込むとか、「ここをこうやって動かして」と説明を受けるとか、何か動きがあればよいのに、無言で直立不動なのです。(私を目をつぶっていたので、ずっと見ていたわけじゃないですが、こういうの、気配でわかりますよね)

最後のほうで、ぬるぬるジェルをふき取るための不織布タオルを取り出す時だけ、そのOJTを受けている方が動きました。

あれは、どういう訓練だったのだろう。

不思議で仕方ありません。

しかし、この光景は、なかなかシュールですね。

上半身裸の私。

超音波で胸をぬるぬるしている検査技師。

壁際に直立不動の方。

狭い密室で、シュールだ。


それにしても、こういう訓練は、生のお客さん(あるいは、患者さん)を前にして行える方がより良いに決まっているので、「同席させていいですか?」と訊かれたら、世界の医療が良くなるため、だと思って、OKするのがいいと思います。

=========================

触診の際、医療用手袋+粉を振りかけて順番に触れたのですが、粉を振りかけられたのは初めてでした。今はそうなっているものなのかしら?

すごくいい匂いがしたので、思わず、

「それ、シッカロールですか?」

と医師(これまた女性)に尋ねると、

?????な顔をされ、

「その粉です」

と言うと、

「ああ、ベビーパウダーです」

とのこと。

「シッカロール」っていったいいつの時代の呼び方だよ、と自分で自分に突っ込んでしまいました。


※シッカロールを検索したら、解説 が出てきました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する