人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

「ご遠慮ください」とは、果たして敬語なのだろうか。丁寧な表現だろうか。

»

「ご遠慮ください」。

たとえば、こんな風に使われる。

「この場所での喫煙は、ご遠慮ください。」
「この場所への駐車はくれぐれもご遠慮ください。」

むかーしからこの表現に違和感があった。
まさしく「慇懃無礼」な感じが字面から漂ってくるのだ。

なぜ違和感があるか。

「遠慮する」主体が、「遠慮を求められている側」にあるから、なんである。

でも「遠慮」してほしいのは、この貼り紙を出している側である。

なのに、「私たちが断る」と言わず、「あなたが遠慮しろ」という。

婉曲だからなのか、敬語だか丁寧語だか、なんだか知らないけれど、この表現は、丁寧で「よし」とされている、気がする。

こういう時、なぜもっとストレートに「自分主語」で語らないのか、と思っていた。20代のころからずっと。

「この場所は、禁煙です。」
「この場所は、駐車禁止です」

「禁止している」側に言葉の主体があったほうが「潔い」。

・・・30年もそう考えていたのだが、最近、やはり、「ご遠慮ください」は、他者を尊重している「敬語」では決してないな、と思う経験をした。

あるイベントに申し込んだ時のこと。

その申込みサイトには、申し込み条件に、「人材育成企業はダメ」とは書いてなかったし、Twitterで広く募集もされていたので、堂々と社名も本名を申込みフォームに入力。事務局からの連絡を待った。

3日後。先方から電話がかかってきた。

「●●イベントについて"お問い合わせ"いただき、ありがとうございました」←この時点で少し「ん?」と思った。問い合わせたわけではなく、申し込みだったので。

「それでですね、田中さま。田中さまの所属されていいる会社は・・・上の者と話しましたら、競合ということになりまして」

「ふむふむ」

「それで、今回のイベントは、ご遠慮いただきたいのですが」

・・・むむぅぅぅぅぅぅ。 "なぜここで、遠慮しろ、と言われなければならないのか""断る、と堂々と言えばいいではないか"・・・"なぜ、"わたし"から"遠慮"しなければならないのか・・・。"←心の声。

・・・

「はい、なるほど」

「大変失礼な言い方ですけれど、ご遠慮いただいたほうがよいと上の判断もございまして、ですから、できれば、田中さまには、ご遠慮いただきたいと・・・」

「はい、承知しました。わざわざご連絡いただき、ありがとうございました」

・・・何も文句も言わずに丁寧に電話は切ったのだが、ずっと頭の中に残った、3回も連呼された「ご遠慮いただきたい」というセリフ。

Webで広く参加者を募集しているイベントに、たまたま競合が応募してきた。断るための言い方としての「ご遠慮いただきたい」。

これ、絶対によくない、と私は思った。

「このイベント、お申込みを受けられないんです」
「競合の方はお断りしているんです」

こういう言い方のほうがよっぽど「潔い」。
自分主語だからだ。

これを教訓とし、何かを断る際、「遠慮してください」を今後一生涯使わないと私は決意したのであった。


Comment(8)

コメント

Ifreeta

Webで広く参加者を募集しているイベントだから、主催者がお断りをすることができると広報していなければなりません。
普通は、「ご遠慮いただきたい」と言わざるをえないのです。

なおき

まさに淳子さんと同じ状況を今日(2015年2月16日)体験しました。しかも、2週間前の申し込みの時点で「競合でも参加可能」ということを確認しておいたのに、セミナー開催日になって「ご遠慮いただきたいのですが」と一方的な通告。でも、私は事前にこの記事を読んでいたので淳子さんを見習って、何も文句も言わずに「承知しました。参加を辞退いたします。」と丁寧に対応しました。(^_^)
先方から「お断りします」とハッキリ言われるよりは、自らの判断で「辞退します」と回答可能な「ご遠慮ください」という通告は有効だと思いました。「辞退します」は自分主語ですしね。(^_^)v

しかし、淳子さんの記事に「私は競合他社主催のセミナーに参加してきました」とコメントする予定だったのに、まさか私も「ご遠慮ください」と言われちゃうとは。とほほ。(^_^;

ひこ

「遠慮しません。参加します。」と言い切ったらどうなったのだろうかと思ってしまうへそ曲がりがここにいます

ハレルヤ

危険ですから、かけこみ乗車はご遠慮ください。ご遠慮しませーん‼︎と乗り込んだときは駅員さんも苦笑して乗せてくれましたが、実際にはおやめください。が正しいわけです。
やめてほしくて言っているので。
ただ、禁止するという言い方は、良くも悪くも言われた方には角が立つわけで、聞こえがソフトな言い方にしているとのこと。
何かあっても自主協力をお願いした言い方なのであなたがそうしたんだと逃げの口実にもできるとのこと。

ひづくり よういち

どんな理由があるにせよ、婉曲表現だとしても、他人様を捕まえて「遠慮しろ」とは何様だ?と思います。おまけに「いただきます」だと、ふざけるな!という感じですが。「いただきます」は自分主語ですから。

せいぜい言って、「お控えくださいませんでしょうか?」でしょう。

…なんて言ってもあらかたの人は「きょとん」とするだけなんだろうなぁ。

むんち

言葉ってむずかいいですね。
先日、レストランの招待券が当選したので友人を誘ったら「辞退します」って返事が来て、辞退って言葉を友人間で使う違和感を感じてしまい。それ以降連絡しなくなりました。

匿名

めんどくさい人やな

かみー

完全同意です。
バスにて。始発駅での発車待機中、後ろに並ぶ客も無し。
乗客「Suicaチャージお願いします。」
運転手「ご遠慮頂いております。」
乗客「ダメなんですか?」
運転手「ご遠慮頂いております。」
イヤ~な言い方と感じた。
「お断り」の時に使う言葉ではない。
ルール上、システム上出来ないのなら、そう言って断ればよし。
可能だが、今の状況(釣り銭ないとか時間ないとか)の時も、説明して(場合によっては丁重に)断ればよし。
まさか無いとは思うが、面倒だからやりたくないだけなら、遠慮はしないよ。
遠慮を強要すんな!

コメントを投稿する