海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

仮想通貨Facebook Credits、店舗やネットショップにてポイントやギフトカードとして利用開始

»

 
Facebookの仮想通貨「Facebook Creits」は、主としてアプリ用決済手段として登場したものだが、今や多様な用途に利用されはじめたようだ。典型的な事例を三つほど紹介したい。
 
 
■ Facebook内の寄付用通貨

まずFacebook内では、寄付用の通貨として利用されはじめている。例えば Stand Up to Cancerファンページ (URL) では、次のような"Pay Now"ボタンがあり、クリックすると寄付される仕組みになっている。

Save_image
 
 
■ オンラインショップでのインセンティブポイント


オンラインショップ向けのeコマースプロモーションを手掛ける Ifeelgoods (URL) では、購入のインセンティブとしてFacebook Creditsを利用できる仕組みを発表した。シンプルに言うと、Tポイントのような汎用ポイントとしてFacebook Creditsが使えるということだ。

Facebookcredits
 
 
■ 実店舗でのギフトカード

Facebook Creditsのギフトカードも登場している。扱いをはじめたのは Target Corporation (Wikipedia)、米国第五位の小売業者で、ディスカウントストア1750店舗およびオンラインショップ Target.com にて、$15, $25, $50のギフトカードの販売が開始されている。

Facebookcredits21_3    Facebookxlarge_3


このように、Facebookの戦略商材、Facebook Creditsは、単なるアプリ用仮想通貨にとどまらず、「ポイント」「ギフトカード」分野に進出しはじめている。当然この先にあるのは商品購入の決済手段としての用途だろう。

またゲーム用には30%という高額な課金手数料をゲームデベロッパーに課しているが、これらのポイントやギフトカード用途では当然リーズナブルな手数料を設定しているはずで、Facebookが柔軟な対応で汎用仮想通貨のポジションを狙っていると予想される。

なお、Inside Facebookによると、2010年のFacebook売上は14.5億ドル(約1230億円)、うち5億ドル(約425億円)は仮想通貨Facebook Creditsによるものと予想している。ちなみに2009年の仮想通貨推定売上は1.5億ドル(約128億円)だったので、なんと前年比333%となり、将来的には広告収入を超える収益の柱になることが予想されている。Inside Facebookによる売上予想の詳細は次記事ご参照を。

Facebook2010年売上予測は1300億円,うちCredit効果は315億円か (6/3) 


  

Bookmark and Share

記事裏話やイベント、講演スライドDL、バイラルムービー集など、Facebookファンページは こちら

 
 
【Facebook関連】

コムスコアによる最新Facebook未制覇国チャート (9/24) 
Facebook、パーソナライズされたファンページ推薦機能を実装  (9/13) 
Googleに衝撃か。FacebookがLikeボタンに基づく新検索アルゴリズムをテスト中 (9/6) 
Facebookは日本に普及するだろうか? (9/2) 
AmazonがFacebookと連動,ソーシャル・リコメンデシーションを開始 (7/28) 
Facebook最新統計。MAU5億人,オープングラフ連係100万サイト (7/24) 
米国でのFacebook浸透率はついに70%、全国民参加メディアへ驀進中 (7/14) 
FacebookのLikeボタンは毎日30億回プッシュされている! (7/8)   

 
 

斉藤Twitter,ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
斉藤Facebook,友人申請はお気軽にどうぞ。 http://facebook.com/toru.saito

Facebookファンページ In the looop はこちら http://facebook.com/inthelooop
最新の筆者著書です。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する