海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

AmazonがFacebookと連動,ソーシャル・リコメンデシーションを開始

»

AmazonがFacebookのオープングラフを利用したソーシャル・リコメンデーション・サービスを開始(元記事)した。

米Amazon.comのみでβリリースされたもので,リコメンデーションのページ右上に表示される"Tap into Your Facebook Network"という機能がそれだ。

Amazon0

ここからFacebookへコネクトすると,まず次のような画面があらわれ,Amazon-Facebook連係によってどのようなことができるかが明示される。

Amazon1

上記にあるように,現在の機能としては次の4点だ。

  • Facebookプロファイルに基づく,音楽や映画などAmazon商品のリコメンデーション
  • 誕生日が近い友人とそのAmazon Wish Lists(特定できないので実際には候補リスト)の表示
  • Facebookプロファイルに基づく友人へのプレゼント・リコメンデーション
  • 個々のプロファィルに基づき,興味が近い友人を探索

また,購入情報などAmazonのデータをFacebookに送信することはないということも表示されている。これは,外部サイトのアクティビティをFacebookの友人に配信するとして大きなプライバシー問題を引き起こしサービス停止となった"Facebook Beacon"とは本質的に異なるということを明示したものだ。

では,もう少し具体的に見てみよう。

Amazon2

まず今日に近い順番で,友人の誕生日がこのように表示され,それぞれのアイコンの下に "See gift suggestions"(おすすめギフト)というリンクがあらわれる。これが目玉機能で,クリックすると次のようなオススメ商品が提示されるのだ。
Amazon3

現在は,書籍,音楽,映画を対象としているようだが,Amazonは非常に幅広い商材を扱っているので,Facebookプロファイルと連係できるものについて適時拡大していくものと思われる。

また友人への誕生日プレゼントだけではない。あなた自身へのリコメンデーションも強化された。それがFacebookの友人内で人気のある商品リストだ。

Amazon4

個々の商品には,友人のアイコンが表示され,あたかも友人がおすすめしている雰囲気で購買意欲をそそるものだ。実際にはFacebookでのFavorite Artistなどから情報を取得しているようで,例えばLady Gagaを指定していれば,彼女の最新アルバムが表示されるという関係性のようだ。

まだβ版とのこと,今後,Facebookがソーシャルグラフ収集を強力に推し進めれば,強力なリコメンデーションに成長する可能性がある。すでにFacebookではオープングラフ機能により100万以上の外部サイトにおけるアクティビティ(Likeなど)を取得しはじめており,そのデータもリコメンデーション分析対象になると,かなり精緻なおすすめ機能が実現されるのではないだろうか。
 
 
なお,Amazonは,これとは逆のアプローチでFacebookアプリとして「Amazon Giver」と「Amazon Grapevine」のリリースを2010年3月に発表している。

「Amazon Giver」はFacebookプロフィールページにAmazon Wish Listsが表示され,友人画面でそれを選択するとそのままAmazonでそのプレゼントを購入できるというもので,送り先を入力する必要もないなど便利なものだ。

また「Amazon Grapevine」はAmazonでのアクティビティ(活動)をFacebookのNews FeedおよびMini Feed経由で友だちと共有する機能で,どんな種類のアクティビティを共有するかは、オプトインで設定できるようになっている。

【参考記事】
Amazon、Facebookに「ほしい物リスト」を表示するアプリ発表 - ITmedia News

 

【ソーシャルコマース関連】
フラッシュマーケティングの雄,Grouponの競合情報を総まとめ (7/7) 
「ソーシャルグラフ」ってなんだろう? - その意味やビジネス価値,争奪戦まで総まとめ (6/21) 
Groupon CEO,創業から今後の戦略までを語る (5/14) 
創業2年で売上300億円超,利益40億円超。ソーシャルコマース"Groupon" 成功の秘密 (5/6) 


【何だろうシリーズ】
「ソーシャルゲーム」はどうして儲かるんだろう?- その重要指標と収益方程式を考察する (7/20) 
「ソーシャルコマース」ってなんだろう? - その背景や機能,今後のトレンドまで総まとめ (7/12) 
「ソーシャルグラフ」ってなんだろう? - その意味やビジネス価値,争奪戦まで総まとめ (6/21) 



斉藤Twitter,ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
斉藤Facebook,友人申請はお気軽にどうぞ。 http://facebook.com/toru.saito

最新の筆者著書です。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』

Comment(3)

コメント

初めまして!
いつも楽しく読ませて頂いてます。

一つ質問よろしいですか?

>また,購入情報などAmazonのデータをFacebookに送信することはないということも表示されている。

と書かれていますが、これは「Activity自体はFBは取得出来るが、News Feedのようなところで表示されないので、友人等に見られることはない。つまりFBの中の人以外からは見えないだけで、データ自体は蓄積されていく」という意味でしょうか?
それならFB側はメリットたっぷりなので非常にFBぽいなと納得ですが、もしFBの中の人もActivityを取得出来ないのなら、FB側にメリットないよな~と。
帝国主義思想(批判じゃないです。むしろ僕と年の変わらない彼を尊敬してます)のザッカーバーグらしくないなと思ってコメントしてしまいました。

元記事の方も読んだんですが、僕の英語力がショボイのか、どちらとも言えない風な表現に思えたので・・。

よろしくお願いいたします。

toshi様
この機能はあくまでAmazon上のものでデータはFacebookから受け取るのみです。Amazonから個人データや購買履歴など一切のデータを提供するものではありません。具体的には上から二番目のイメージ内右部分に英語で記載されていますのでご参照ください。

ご丁寧にありがとうございました。

一応、その英語部分は読んだのですが、「FBが自分達に何のメリットもなく虎の子のグラフ情報を使わせるわけない」みたいな思いこみがあったために眼鏡が濁ってたみたいです。
良く考えたら、これでもメリットは十分ありますもんね。
浅はかでした!

コメントを投稿する