色は日常に当たり前のように存在しています。そして、意識するしないにかかわらず、私たちは色の影響を受けているのです。カラーマーケティングといっても、色の使われ方は多様で、パッケージや商品の色だけに限らず、販売促進、そして企業や人のイメージ戦略、また、商業施設や病院、美容院など様々な環境での色彩計画、そしてセラピーなど、様々な分野に及びます。ここでは様々な角度から事例を紹介し、色を付加価値として取り入れていく方法をお話ししたいと思います。

サントリー初の特保「ボスグリーン」の色彩戦略とは?

»

普段からユニークなCMでおなじみのサントリーの缶コーヒー「BOSS」
今回、新たなラインナップとして、脂肪の吸収を抑える特定保健用食品の微糖タイプ缶コーヒー「ボス グリーン」が発売されました。

CMはドラマ「白い巨塔」の音楽が流れる中で、大久保さんの大きな掛け声とともに、愛之助さんの一日の行動がユーモアたっぷりに描かれ、その中に、カツ丼やすき焼きといった食事の後、愛之助さんが毎日の習慣として「ボス グリーン」を飲んでいるシーンが登場します。

それが、ボスブランド初の特定保健用食品「ボス グリーン」が、食事からの脂肪の吸収を抑え、体脂肪が気になる方に適した缶コーヒーだというメッセージを印象的に訴求していくそうです。

(一部サントリーのHPより引用)

今回は「ボス グリーン」のパッケージについて分析してみたいと思います。

パッケージは商品名にも使われているグリーンが基調になっています。

boss2.jpg


しかも抹茶のような鮮やかなグリーンで、一見コーヒーと認識するのは難しいかもしれません。

そこでシンボルである「BOSS」のロゴと顔を真ん中に配置し、下の部分にコーヒーをデザインすることによって、BOSSのコーヒーであるということを伝えようとしているのでしょう。

グリーンは自然そのものの色であることから、安らぎや健康に良いイメージを与えます
多くの特保飲料に緑が使われているのはそのためでしょう。

またグリーンはゴールドと組み合わせることによって、力強さが出てきます。
特にこちらも金貨のようなゴールドは男性向なので、ボスの「働く男の相棒コーヒー」というコンセプトがそのまま現れているでしょう。

同じくグリーンを用いた特保のヘルシアコーヒーですが、こちらはブラックにグリーンのライン(しかも微糖タイプはオレンジのライン)ということで、そこまで売り場では目立ちません。
その点「ボス グリーン」は、特にコーヒーのコーナーでは、ぱっと見て目の中に飛び込んでくる色になってます。

boss1.jpg

このように、色は単独で存在するのではなく、組み合わせる色や隣り合わせる色によってイメージが変わってきます。

この棚が特保の製品でまとめるのではなく、赤系のコーヒーと隣り合わせだと、もっと目立つのですが・・・

それでも、他の色との差別化ができているので、「ボス グリーン」を手に取りたいときはわかりやすくていいですね。

P.S.「SmaSTATION!!【スマステーション)」の「2014年ヒット予測」に山田美帆が出演いたしました。

IMG_9773.JPG

カラーコンサルタントRosaHP
カラーコンサルタントRosa facebookページ

山田美帆Twitter→こちら
山田美帆facebook→こちら
山田美帆blog→カラーセラピーRosa / ピンク姫の欲張り三昧な日々♪

山田美帆への講演依頼はこちらにお願いいたします。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する