色は日常に当たり前のように存在しています。そして、意識するしないにかかわらず、私たちは色の影響を受けているのです。カラーマーケティングといっても、色の使われ方は多様で、パッケージや商品の色だけに限らず、販売促進、そして企業や人のイメージ戦略、また、商業施設や病院、美容院など様々な環境での色彩計画、そしてセラピーなど、様々な分野に及びます。ここでは様々な角度から事例を紹介し、色を付加価値として取り入れていく方法をお話ししたいと思います。

ソチオリンピック選手の強い味方!エアウィーヴを体験してみた。

»

ソチオリンピックまであと1日。
浅田真央選手も現地入りいたしましたが、彼女自身が愛用し、イメージキャラクターにもなっている「airweave(エアウィーブ)」のブロガー体験イベントに参加してきました。

IMG_9885.JPG

■エアウィーヴとは?

高反発マットレスパッド。「空気(air)」を「編む(weave)」ような構造で、極細繊維状樹脂を三次元的に組み合わせることで、「まるで空気の上で眠ってるような快眠」が実現。
しかも、普段の寝具の上に重ねるだけで、快適な睡眠環境が整うそうなのです。

1.復元性(体重を押し返す力)が高いため寝返りが楽
2.体に負担のかからない体圧分散
3.通気性抜群で夏は蒸れず、空気断熱にも優れ冬は暖かい
4.水洗いが可能で、中のコア材まで水で丸洗いできるので、いつでも清潔に保て、カビ・ダニの心配もなし。

の4つの特徴があります。


■エアウィーヴのマーケティング

2007年の事業開始当初は、友人に配ったり、広告や雑誌に掲載したそうです。
ところが、信頼性がないと売れないことがわかったので、国立スポーツ科学研究センターの宿泊施設で使ってもらうことにして、選手からの評価を受けるようになったそうです。
そして、北京やバンクーバー五輪で活躍した選手やサッカーW杯の選手が、現地に持参して使うことによってだんだんと広まったようです。

特に浅田選手は2009年から愛用しており、エアウィーヴはなくてはならないものと言っています。
どこに行くにも必ず持参するというほどのほれ込みよう!

ただ今までは、オリンピックの公式スポンサーではなかったため、マル秘で送っていたそうです。
今回JOCとオフィシャルパートナーシップ契約、そして5か国のオリンピック委員会から選ばれたことで、ソチオリンピックに出場する1000名を超える各国選手団の睡眠をサポートするようになりました。

IMG_9897.JPG


■エアウィーヴが六本木ヒルズをジャック

現在(2月4日~17日)、六本木ヒルズのヒルズカフェスペースにて、ソチオリンピック日本代表選手団に提供した「特殊仕様エアウィーヴ」を体感できるイベントを開催しています。

IMG_9891.JPG

また、実際に10~15分程度寝ることができる「快眠ステーション」や、JAL国際線ファーストクラスの展示・体験もできます。

IMG_9890.JPG

IMG_0945.JPG

私も実際に横になってみたのですが・・・

IMG_9903.JPG

しっかりと身体を支えてくれる感じです。
特に体幹が大切なアスリート選手のものは、腰をしっかりサポートできるように固めになっていました。
ゴロゴロと寝返りをうってみましたが、とても楽でした。
きっと体圧が分散されてるからだと思います。


今回、ソチオリンピック日本代表選手応援キャンペーンとして、浅田真央選手と高梨沙羅選手がセレクトしたカラークッションが売られているようです。
こちらのクッションマットレスやピローと同じ素材なので、長時間座ってても疲れにくいそうですよ。

IMG_9914.JPG






P.S.「SmaSTATION!!【スマステーション)」の「2014年ヒット予測」に山田美帆が出演いたしました。

IMG_9773.JPG

カラーコンサルタントRosaHP
カラーコンサルタントRosa facebookページ

山田美帆Twitter→こちら
山田美帆facebook→こちら
山田美帆blog→カラーセラピーRosa / ピンク姫の欲張り三昧な日々♪

山田美帆への講演依頼はこちらにお願いいたします。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する