ライフワークを持とう。ライフワークを究めよう。

「フォトコン」の連載「プロフェッショナル・サンデー・フォトグラファー」第5回目

»

月刊「フォトコン」2018年5月号に、連載「プロフェッショナル・サンデー・フォトグラファー」第5回目が掲載されました。

フォトコン201805.jpg

今回のテーマは、『第三の心得「最高の道具を作る道具として機材にはこだわるが、機材には溺れない」』です。

写真で機材に凝る方、少なくありません。かくいう私も、機材には凝る方です。

しかし機材はあくまで写真を撮るための「手段」。

「機材マニア」の道を邁進するのも、これはこれで一つの考え方です。しかし「写真で何かを表現する」ためには、これは落とし穴なのです。

20世紀初頭のフランスで、写真表現に革命を起こしたマン・レイは、このように語っています。

「写真は最初のうちは技術に過ぎないが、やがては本物の芸術になっていく」

この100年前にマン・レイが語ってくれた言葉は、『第三の心得「最高の道具を作る道具として機材にはこだわるが、機材には溺れない」』を考える上で、大きなヒントになります。

 

書店で見かけましたら、ぜひご覧下さい。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する