日本企業が、バリュープロポジションを活かし、進化するために