日本企業が、バリュープロポジションを活かし、進化するために

なぜ問題の根本原因に辿りつけないのか?

»

解決すべき問題が起こった時、その問題を引き起こしている根本原因を特定する必要があります。

先日、ある熟練の経営者に、「日頃、どのようにしてその根本原因を特定されますか?」とお聞きする機会がありました。その方のお答えは、

「それはもう、直感ですよ。『ここがおかしいんじゃないか?』と思って、数字を調べてみるとやっぱりそこに問題があるんですよ」

ここまで来ると達人のレベルですね。

ただ、達人ではない私達は、なかなかそのレベルに至りません。

世の中では、よく「なぜを5回繰り返せ」と言われますが、なぜを5回繰り返したつもりでも、実際には2~3回程度しか深堀しておらず、根本原因に辿りついていないことも多いようです。

 

なぜ、我々は問題の根本原因に辿りつけないのでしょうか?

 

それは、もしかしたら、無意識に「予定調和」を目指しているからかもしれません。

 

問題の根本原因を深堀する手法はいくつかあります。

その中の一つに、弁証法的アプローチがあります。「正」「反」の異なる意見をぶつけ合って、新しい解決策「合」を見出す手法です。

このアプローチでは、そもそも最初の時点では、結論は見えません。

自分の意見を反対の意見を持っている相手に当てて、議論を通じて、新しい解決策を見出すことになります。

その解決策は妥協点ではありません。

双方の一見相対する意見を満足し、より高い結果を得られるような、より高い解決策です。

従って、ある特定の問題の根本原因を特定し解決しようとする際には、最初から予定調和的に最終結論を持っていては、この弁証法的なアプローチは機能しません。

もちろん、ある程度落しどころを持っておくことは、よいことですが、その落しどころはあくまでも「仮説」に過ぎず、「目指すところ」ではありません。仮説は検証を通じて修正していくべきものです。

言い換えると「予定調和」は、操作主義的に議論をカタに嵌めようとし、根本原因にアプローチするのを妨げるものである、と言えるかもしれません。

これを防ぐためには、私達自身が事実を知ることに貪欲であることと、そこで知った事実に謙虚である姿勢が必要なのかもしれません。


Comment(2)

コメント

私も、ある超一流企業のCIO、現在は子会社の社長さんをされている方が、「営業の業績なんて、営業部長の顔を見ただけで分かっちゃうよ。BIの数字は、裏付けて、納得させる材料を集めてるだけだ。」とおっしゃっているのを聞きました。プロになるということは、根底にある問題を、経験をベースにした洞察力で見極められるということなのでしょうね。
これを科学的に解決する方法があるのかどうか、わかりません。あれば、学びたいとは思いますが。でも私は、どちらかといえば、経験を重視したいと思います。

とおるさん、
コメントありがとうございました。
その方は、暗黙知の塊のような方ですね。
やはり経験の積み重ねが作り上げるものなのでしょう。
このような力は、全人格的なものなのかもしれませんね。

コメントを投稿する