グローバルIT時代にクリエイターはいかに対応するべきか?を考えます

Photoshop英語化のススメ 【読了目安: 1分】

»

当エントリーをご覧いただきありがとうございます。

フォトグラファーの御園生大地です。


私はPhotoshopを英語版にして使用しています。

セミナー等で登壇したりする時は、日本語に戻して使用していますが、

普段は英語で使用しております。


英語バージョンに変換する方法は、簡単です。


Adobe Photoshop を英語起動する方法


どうしてそんなことをしているかというと、英語の専門用語を身につけるのに、

一番手軽な方法だと思うからです。


例えば、Photoshopを英語化してから私が覚えたのは、下記のような単語です。

saturation 彩度

hue 色相

brightness 明るさ

blur ぼかし

flatten image レイヤーを統合する



これらは、普通に英語の勉強を日本でしているだけでは、なかなかたどり着けない単語ですが、Photoshopを英語化したことで、苦もなく身につけることができました。

日本人もいずれ、嫌でもグローバル人材市場に放り出される(?)可能性がある今、

自分の専門分野の英語を身につける方法として、「(Photoshopに限らず)仕事で使うメインソフトの言語を英語化してみる」ことを、オススメいたします!


そのソフトを使い慣れていればいるほど、案外すんなりと慣れてしまうと思いますよ!




月1回。1日に更新予定。 「グローバルIT時代のフォトグラファー

(次回は、4月1日のam6:00にアップ予定です。)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する