時事ネタ、マーケットや経済の話を、ファイナンシャルプランナーの視点で難しい話もなるべく専門用語を使わずにできるだけわかりやすく解説します。ときどき、思いついたこともそのまま書くこともあります。よろしくお付き合いください。

株価は上昇、ドルは売られる、しかし、これからは...

»
 発表される経済指標の善し悪しと、発表される企業業績、今は、この両方は相殺されているような感じです。前者が悪くて、後者が良い状況です。

 ところが、全社が悪くても、特に、雇用関係の指標が悪いことで、市場は、追加の緩和期待が働き、むしろ好感する形となっています。つまり、前者が悪くても、後者が良いので、相殺どころか相乗となっている感じです。

 それだけ、市場は、量的緩和を待ち望んでいるのでしょう。FRBは、前回はツイストオペの年内延長を決めただけです。証券化商品の買い付け、さらなる国債の買取などを、上下院の証言で、バーナンキFRB議長は、におわすような発言を残しました。ここに市場が反応したようです。その布石があって、新規失業 保険申請件数の悪化があり、これは量的緩和に舵を切るのではとの期待感が増したようです。

 それだけ雇用の改善は、今の政権には、是が非でも解決しなければならない命題なのです。オバマ政権の支持の土台は、今失業している若者層です。彼らの将来を引き受ける姿勢を見せない限り、再選はあり得ないですからね。

 為替は、経済指標に反応しています。ドル売りです。株価は相殺、相乗でも、為替は、やはり、経済指標をネガティブにとらえているようです。

 ただ、株価の上昇は、景気敏感要素の強いオーストラリアドルには好材料のようで、中国の景気減速に歯止めがつきそうな観測からも、買いシグナルとなったようです。

 株価は上昇の要素満載で、為替は、今は円高でも、米株式市場の好転から、いずれドル買いに流れます。アメリカへの投資は、(株にしても債券にしても)ドルを買うことですから、世界的な流れは、ドル買いとなりそうな予感です。

 ドル円では、金利差が働いて、どうしても円高になっていますが、アメリカ利上げ観測が働けば、円は対ドルでも売られる局面が待っています。すべて株高が誘発するものです。

 そうなると、安値で拾うのが鉄則です。投資スタンスが「買い」であるなら、仕掛け時と判断しても良いような気がします。ただ し、まだまだ、短期的には大きく揺れ動く可能性は大いにあるので、レバレッジをうんと落として、できれば現物で投資するのが望ましいでしょう。

 確定拠出年金では、投資信託への投資ですから、毎月積立のドルコスト平均法による、リスク分散手法での株式投資が、最も効率的と考えます。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する