時事ネタ、マーケットや経済の話を、ファイナンシャルプランナーの視点で難しい話もなるべく専門用語を使わずにできるだけわかりやすく解説します。ときどき、思いついたこともそのまま書くこともあります。よろしくお付き合いください。

善人は強くなければならない

»

 安岡正篤翁の言葉に「善人よ強くなれ」というのがあります。全員が善行を積むことは当たり前で、それゆえ善人と呼ばれるのであって、最も大事なことは、善人が強くなることだと述べています。

 文中ではパスカルの言葉を引用し 「正義が強いか、強いものが正義か、正しい物が強くなるか、強い物が正しくなるか、より外に人間は救われない」とあり、安岡翁は、「救われるためにどうしても善人が強くならなければならない」としています。

 強くなるためには、感情的・感傷的にならずに、線が太くならなければいけないとも述べています。

 戦国時代などの乱世では、力こそ正義でした。勝者がすべて正しい時代です。強さとは、非情になることも必要なのでしょう。感情的・感傷的ではいけないのですね。夜叉の面をかぶり、心で涙する・・・ですか。使い方を間違えれば、とんでもないことになりますけどね。

 金が正義と言う人もいました。それで、時代の寵児ともてはやされ、その後は、奈落の底に突き落とされました。報道の仕方もヒステリックに感じ、嫉妬ともとれ、成功者への妬みとも取れました。表現が、あまりにもストレートであったのが、世間の反発を買ったのでしょうか。

バブルがあって、バブルがはじけて、カリスマ政治家が持て囃され、金持ち父さん貧乏父さんがはやり、それを実現した人が持ち上げられては貶められ、今度は 逆に、スピリチュアルブームが巻き起こり、そして今は、歯に衣を着せぬ発言が受け入れられるようになりました。時代の流れでしょうか。

 その時代時代によって、正義と言うものは変わってくるのでしょうか。本来、正義は不変なもののように思いますがね。物事の本質は見極めなければなりません。善人の定義が難しいです。

 でも、負けてしまえば、正論は消されてしまいます。やはり、安岡翁の言うとおり、善人は勝たなければなりません。

 私は常に、多数決の反対側に、物事の真実が隠されていると思っています。数の論理は、時として暴力となり、正義を覆い隠してしまいます。 それゆえ、正義は、善人は、勝ち続けなければならないのでしょう。そういう意味では、勝った者が正義なのかもしれません。それが民主主義なのでしょうか ね。

 善人は強くなければならない...すごく重い言葉ですね。


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する